42歳で復帰するJ1の舞台。ジュビロ磐田・遠藤保仁が思い描く「最高のシーズン」とは

42歳で復帰するJ1の舞台。ジュビロ磐田・遠藤保仁が思い描く「最高のシーズン」とは
拡大する(全1枚)

ジュビロ磐田
遠藤保仁インタビュー(後編)

前編はこちら>>

42歳で復帰するJ1の舞台。ジュビロ磐田・遠藤保仁が思い描く...の画像はこちら >>
 ジュビロ磐田がJ1昇格、J2リーグ優勝を決めた試合後、印象的だったのは遠藤保仁が歓喜の輪から少し離れたところで、控え目にその瞬間を喜んでいたこと。記念の集合写真を撮影していた際も、常に最前列で写真に収まったガンバ大阪時代とは違い、最後列で笑顔を見せていたのも印象的だった。

「ある意味、自分は外国人選手枠というか、助っ人のような活躍を期待されていると思っている」

 思えば、2020年10月の加入に際しては、そんなふうに自分に課せられた責任を口にしていた遠藤のこと。歓喜の瞬間に胸にあったのは喜び以上に安堵感で、それが"控え目"につながったのか。

 真意を尋ねるとあっさり「空いている場所があそこしかなかったから」と笑ったが、そのあとには、どんな時も自分ひとりが目立つことをよしとしない彼らしい言葉が続いた。

「高校時代の恩師に『集合写真は、ど真ん中が一番目を引くから、必ず真ん中で写れ』と教えられたことがあって。そこで写ろうと思えるくらい活躍しろ、ということでもあったと思うけど。その言葉をすごく意識していたわけではなかったとはいえ、言われてみれば、ガンバ時代は確かにそういうシーンではほぼ真ん中で写っていた気がする。

 でも今回は、確かにどのシーンでも一番後ろにいて......僕としては自然な行動だったけど、自分は1年ちょっとの在籍で、ましてや期限付き移籍の立場でもあったからね。それに、過去には自分も降格、昇格を経験していたなかで、ああいう瞬間にはジュビロで苦しい時間を過ごしてきた功労者が真ん中にいるべきだとも思っていたのもある。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジュビロ磐田」に関する記事

「ジュビロ磐田」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジュビロ磐田」の記事

次に読みたい「ジュビロ磐田」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク