【試乗】マツダCX-30は美しさだけじゃない! 抜群の走りやすさと使い勝手で日本の道にピッタリ

【試乗】マツダCX-30は美しさだけじゃない! 抜群の走りやすさと使い勝手で日本の道にピッタリ



コンパクトな、日本の路上にジャストなサイズ、最小回転半径5.3mの小回り性の良さもあって、とにかく街なか、狭い裏道、高速道路、駐車を含め、扱いやすさ、走りやすさは、クロスオーバーSUVとして抜群と言っていい。



【試乗】マツダCX-30は美しさだけじゃない! 抜群の走りやすさと使い勝手で日本の道にピッタリ



動力性能は、ズハリ、同パワーユニットを搭載しながら、より軽量なマツダ3よりも“加速感”で上回る印象だった。マツダ3に対して、6速ATの最終減速比のみ、車重増と大径タイヤを履いているぶん、加速方向寄りに変更しているのだが、むしろそう感じさせるのは、ここだけの話、排気系の制御がマツダ3よりも新しく、トルクカーブがよりフラット(棚がない)になっているからと推測できる。



【試乗】マツダCX-30は美しさだけじゃない! 抜群の走りやすさと使い勝手で日本の道にピッタリ



乗り心地、車内の静粛性は、いきなりクラストップレベルだ。とにかく18インチという大径タイヤを履いていながら、荒れた路面、段差越えなどの走行でも、乗り心地はじつにマイルドでしなやか。それでいてフラットな車体姿勢を貫き通すのだから、終始、快適で疲れない。



【試乗】マツダCX-30は美しさだけじゃない! 抜群の走りやすさと使い勝手で日本の道にピッタリ



CX-30にはさまざまなシーンでクルマの動きをスムースにし、クルマ酔い防止効果さえあるGVC(G-ベクタリングコントロール)、および、新たにブレーキによる車両姿勢安定化制御(直接ヨーモーメント制御)を加えて進化したGVC Plusを採用。直進時に無意識のうちに行っているハンドル修正の低減から、カーブや高速レーンチェンジでの水平感覚極まる車体制御、安定感極まるフットワークに威力を発揮する。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【試乗】マツダCX-30は美しさだけじゃない! 抜群の走りやすさと使い勝手で日本の道にピッタリ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    スバルもそうだが、マツダはディーラーが悪い。他社の車に乗って行くとちゃんと相手にしてくれない。それじゃ他社のお客さんは捕れないんじゃない?候補には上がるが、ディーラーに行くと候補から消える。

    1
  • 匿名さん 通報

    いくら車が美しくても、それを運転する人の心が汚いんじゃ意味ないでしょう。車に失礼です。っていうか、マツダは良い車を作っても日本では評価されにくいです。企業側に問題あるのかセールスマンに問題あるのか。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。