主演・木村拓哉『グランメゾン・パリ』に2PMのオク・テギョン出演決定 コメントも到着
『グランメゾン・パリ』 (C)2024映画『グランメゾン・パリ』製作委員会

木村拓哉が主演を務める映画『グランメゾン・パリ』の新キャストが発表された。



本作は、2019年にTBSで放送されたドラマ『グランメゾン東京』の劇場版。

ドラマでは、全てを失った木村演じるフランス料理のシェフ・尾花が、鈴木京香演じる女性シェフ・倫子と出会うことでもう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも日本で三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿が描かれた。本作では、フランス・パリを舞台に再び三つ星に挑む。



新たに「グランメゾン・パリ」の一員となるのは、アイドルグループ2PMのメンバーでソロアーティストとしても活躍するオク・テギョン。本作では、母国語の韓国語に加えて、日本語とフランス語の3言語を話し、「グランメゾン・パリ」でデザートを担当するパティシエ、リック・ユアンを演じる。



そのほか、キャストとして沢村一樹(ホール責任者/京野陸太郎役)、及川光博(シェフ/相沢瓶人役)をはじめ、玉森裕太Kis-My-Ft2)(シェフ/平古祥平役)、寛一郎(部門シェフ/芹田公一役)、吉谷彩子(パティシエ/松井萌絵役)、中村アン(ホールスタッフ&ソムリエール/久住栞奈役)、冨永愛(フードインフルエンサー/リンダ・真知子・リシャール役)といった連続ドラマから出演しているキャスト陣も再集結する。



■オク・テギョン(リック・ユアン役)コメント
撮影が終わって寂しいですが、日本とパリでたくさんの思い出を作ることができて嬉しかったです。

始まる前は長い撮影期間になるかと思っていましたが、終わってみると短かったなと思います。
パリではゆっくり過ごす時間もあり、共演者の方と食事に出かけるなど、楽しい時間を過ごすことができました。
モンマルトルやエッフェル塔など、パリを歩いて回っていると、共演者やスタッフの方たちが働いている中、僕はこんなにもパリを満喫していて大丈夫なのか?と不安にもなりましたが笑、とても幸せでした!
今回の映画で料理監修をしてくださった小林圭さんのお店にも行きましたが、本当に驚くほど美味しかったです。映画の中でもサーブするシーンがありますが、実際に目の前で見ることができ嬉しかったです。
いろんな国から集まった俳優・スタッフと一緒に作品を作っていく中で、夢を目指すことは国を超えても同じことだなと感じました。同じ目的に向かって共に目指すことを、この作品のストーリーでも表現できたと思います。

皆さんにも、キャラクターたちの夢を目指す姿を観て、漫画みたいな「目指せばできる!」という勇気を受け取っていただけたら良いなと思います。



<作品情報>
『グランメゾン・パリ』



2024年 冬公開予定



公式サイト:
https://grandmaison-project.jp/



(C)2024 映画『グランメゾン・パリ』製作委員会