「ひとりでできるもん!」初代舞ちゃん役 平田実音さん、肝不全で死去 ネット上では悲しみの声

「ひとりでできるもん!」初代舞ちゃん役 平田実音さん、肝不全で死去 ネット上では悲しみの声

1日に元子役で、NHKの人気子供番組「ひとりでできるもん!」に「水沢舞(みずさわまい)」役として出演していた平田実音さんが肝不全のため亡くなっていたことが分かった。ネット上で初代まいちゃんの突然の訃報に悲しみの声が続出している。

初代舞ちゃん役平田実音さん、33歳の若さで死去 原因は肝不全

NHKの人気子供番組「ひとりでできるもん!」の初代「水沢舞(まいちゃん)」役として出演していた、元子役の平田実音(ひらたみお)さんが8月5日に肝不全で亡くなっていたことが1日に分かった。

33歳だった。葬儀・告別式は関係者で行った。
「ひとりでできるもん!」初代舞ちゃん 平田実音さん死去、33歳 - 産経ニュース
スポニチによると、平田さんは以前から体調を崩していたようだ。
かつて平田さんと番組制作に携わった芸能事務所「ゲンプランニング」の代表取締役・加藤元氏によると、平田さんは以前から体調を崩しており、入退院を繰り返していたが、8月5日に帰らぬ人になった。加藤氏は「子どもたちのアイドルとして夢を与えた功績を称えてあげたい」と話した。
元子役・平田実音さん死去、33歳「ひとりでできるもん!」初代・舞ちゃん役 - スポニチアネックス

「早すぎる…」 突然の訃報に悲しみの声広がる

33歳の若さでこの世を去った平田実音さん。ネットでは悲しみの声が広がっている。




過去には大物俳優も…平田実音さんを襲った肝不全とは?

ところで平田実音さんを襲った「肝不全」とはどういった症状なのだろうか。

肝は体内最大の代謝器官であると同時に細網内皮系に属し、このため自己防御機構の中心的役割を担っています。肝不全ではこれらの機能が破綻し、肝臓の機能維持が困難となり意識障害、黄疸、腹水や消化管出血などが発生する症候群です。
肝硬変・肝不全 - 東京慈恵会医科大学 外科学講座
肝不全は「治療せずに放置した場合や、肝臓の病気が進行性のものである場合、最終的には死に至る」と言われるように、深刻な病気であることが分かる。2014年に亡くなった俳優の菅原文太さんも、転移性肝がんによる肝不全が原因だった。


大人気番組「ひとりでできるもん!」 歴代まいちゃんまとめ

「初代まいちゃん」と呼ばれる平田実音さん。「まいちゃん」とは、1991(平成3)年にNHK教育テレビで始まった、子どものための料理番組『ひとりでできるもん!』に登場する「水沢舞」という人物だ。

子どもが、ひとりで買い物や料理をする過程をそのまま見せる15分のプログラムで、子どもだけではなく幅広い年齢に支持され、教育テレビでは異例の視聴率10%台を達成、大人気番組になった。
ひとりでできるもん! - NHK アーカイブス
当時は子どもに包丁を持たせたり、火を使わせたりすることは、危険だという理由でタブー視されていた。そのタブーを破っての「子ども向けの料理番組」だったため、幅広い層から関心を集めた。

また、ニーズの変化や出演者の成長に合わせて番組自体を何度か改変したようだ。そのため「まいちゃん」を演じる役者も平田実音さんから秋田きよ美さんへと変化した。
平田実音さんは、他のまいちゃんと区別するために「初代まいちゃん」と呼ばれていたそうだ。


・1991~1993年度
 初代舞ちゃん(平田実音)

・1994~1995年度
 天ちゃん&恋ちゃん(坂田慎一郎・山岸里紗)

・1996~1997年度
 雄大くん&比奈子ちゃん(糸山雄大・石田比奈子)

・1998~1999年度
 2代目まいちゃん(秋田きよ美)

・2000~2001年度
 3代目まいちゃん(伊倉愛美)

・2002~2003年度
 『ひとりでできるもん!どきドキキッチン』に改題 ゆう太くん&ゆうかちゃん(鈴木湧太・小代優華)

・2004~2005年度
 『ひとりでできるもん!どこでもクッキング』に大幅変更 クマさん&エダモン(料理研究家の森野熊八・枝元なほみ)

\ みんなに教えてあげよう! /