松田龍平と太田莉菜が別居か 妻仕事に目覚め、ゲーマー夫に愛想が尽きた?

松田龍平と太田莉菜が別居か 妻仕事に目覚め、ゲーマー夫に愛想が尽きた?

2月8日、俳優の松田龍平(33)と太田莉菜(29)の別居が報じられた。2009年に「できちゃった結婚」を果たした二人だが、ゴールインから8年。一体何が起きたのだろうか。別居報道の真相に迫る。

離れたくない松田龍平とVS一緒に暮らしたくない太田莉菜

「NEWSポストセブン」によると、松田龍平とその妻でモデルの太田莉菜、7歳になる娘の3人は都内の住宅街の一戸建てで暮らしていたのだが、2016年の夏頃には引っ越し、それ以降別居生活に突入しているよう。

あはん

Ryuhei Matsudaさん(@ryuheimatsuda)が投稿した写真 -


同記事では松田家の知人という人物のコメントも掲載されており、

「昨春、娘さんが小学生になると莉菜さんは初めて3か月クールの連ドラに出演。それがとにかく面白かったみたいで…。それと前後するように莉菜さんが1人で家を飛び出したんです。突然の彼女の行動に驚いて呆然としたのは龍平くんでした。すぐに戻ってくると思いきや、なかなか家に戻ってこなかった」

とのこと。ただならぬ事態に、松田龍平の母である松田美由紀が間に入って仲を取り持とうとしたようだが、妻の一緒に暮らしたくないという意志は固く、結局のところ太田莉菜が娘を引き取る形で別居することに。

現在、松田龍平は以前住んでいた一戸建てからそれほど離れていないマンションで1人暮らしをしており、妻の太田莉菜と娘とは別で暮らしているようだ。

大物俳優の別居報道に世間はざわついているだろうと思いきや、そんなことよりも、現在放送中のドラマ『カルテット』(TBS系)での演技の方が大きな話題に。2月7日に放送された第4話では、メインキャストの松田龍平の“ハンド演技”が色気があり過ぎるという声がSNS上で続出しているようだ。




また、カルテット第4話は、高橋一生演じる家森諭高と、彼に愛想を尽かして別れた元妻とのエピソードがメインのストーリーとなっていた。一部では「どんな気持ちで高橋の演技を見ていたんだろう」と囁かれている。

松田龍平と太田莉菜、新婚時代は幸せオーラ全開だった

松田龍平といえば、言わずと知られた昭和の大俳優・松田優作の長男。ドラマ『まほろ駅前番外地』(テレビ東京系)や、映画『探偵はBARにいる』シリーズや『舟を編む』、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK系)など、人気作品で独自のキャラクターを演じてきた。

一方で、妻である太田莉菜は日本人とロシア人のハーフで、13歳からモデルとして芸能界入りを果たし、CMにも多数出演。映画『69 sixty nine』でのヒロイン役で大きな注目を集め、女優としても活躍している。2014年に出演した映画『海月姫』では、オタク女子・まややを熱演し、注目を集めた。







そんな松田龍平と太田莉菜が結婚したのは2009年。同年7月には第一子となる女の子を出産しており、「できちゃった婚」としても話題になった。

しかも、結婚した2009年当時、21歳だった太田莉菜はまだ青山学院大学法学部に通っている大学生。妊娠や出産を理由に芸能活動は一時休止していたものの、家事や育児をこなしながら学業にも力を入れていたようで、2010年には大学を卒業した。

夫婦仲について多くを語らない2人だが、2010年に放送されたバラエティ番組『グータンヌーボ』(フジテレビ系)に太田莉菜が出演。結婚のタイミングについて、

「結果的には先にできてしまったけど、自分の気持ちが落ち込んでたりとか、ちょっと休まないとゴチャゴチャしちゃってどうしようもないなって時にできて、全てが整ったって感じ」

と語っていた。

結婚生活については、半年に1回ぐらいのペースで夫に対する怒りが爆発していたようで、自分のことをストレスを溜め込んでしまうタイプと発言する場面も。しかし、終始夫である松田龍平への愛を全面に押し出しており、「(夫のこと)大好き」とストレートに語ったり、あまりに好きすぎて勝手に携帯電話を見てしまったという過去も暴露するなど、新婚生活での幸せオーラ全開だった。

深夜ドラマでパンモロ! エキゾチック美女優・太田莉菜の丸出しシーンに視聴者大興奮
瑛太は不機嫌、妹はイチャイチャ...... 松田美由紀BDパーティーに芸能人続々!

離婚危機はこれが初めてじゃない?

しかし、そんな幸せな新婚生活は長く続かなかったのか、数年後には2人の間に離婚の危機が迫っていたとの噂も。

2014年に、松田龍平が都内のスナックで女性の腰に手を回したり、一緒に踊ったりする姿が報じられたのだ。当時の芸能関係者の証言によると、松田龍平はほぼ毎日飲み歩いており、ほとんど家に帰らず、友人や弟である松田翔太の家を転々とする日々が続いていたとのこと。ほぼ別居状態になっていたようだ。

結局この時はうまく収まったようで、その後は特に問題が報じられることもなく、夫婦仲は安定していたように見受けられていたのだが……。

質問しても反応なし!?松田龍平の「無表情でバラエティ出演」が話題に!

別居の理由は「仕事が楽しい」だけじゃない? 松田龍平のゲーム狂が原因か

そんな松田龍平はオタクと言って良いほどのゲーム好きで、芸能界の中でも筋金入りのゲーマーのようだ。独身時代は家でゲームばかりしていた松田龍平だが、結婚してもこの趣味は変わらず、妻の太田莉菜が雑誌のインタビューで愚痴をこぼしたことも。

どうやらオフの日は家で一日中ゲームをしているようで、もっと子どもの面倒を見て欲しいなど、育児に参加して欲しいという気持ちを抱いていたこともあったよう。

NEWSポストセブンの中で、松田家3人が一緒に暮らしてた家のご近所さんは、

「気取った感じのない、いいパパですよ。自転車に小さな娘さんを乗せて、買い物に行ったり、幼稚園の送り迎えに行ったり」

と証言しているものの、家の中ではずっとゲーム三昧の日々だった可能性も高い。

ここ数年は松田龍平だけでなく、太田莉菜も女優業などが忙しくなっていたので、オフの日に親子3人で家でゆっくりできる時間も少なかったはず。もしそんな時にも夫がゲームばかりしていたとしたら、愛想が尽きても仕方がないだろう。

その上、太田莉菜は自分の気持ちを溜め込むタイプのようなので、数年前の夜遊び事件などの“前科”も相まって、ついに爆発してしまったのかもしれない。

今回の別居報道に対し、太田莉菜が所属する事務所は「プライベートのことは本人に任せています」とコメント。松田龍平の母・松田美由紀も沈黙を貫いている。

果たして、このまま破局となってしまうのか、元の鞘に収まるのか……。続報からも目が離せない。

\ みんなに教えてあげよう! /