90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

まるでコント!? 主要キャストの"死にざま"が面白かったドラマとは

ライター情報:太田サトル

ドラマの登場人物が命を落とすシーンで、こんなに笑ったのは、今もなおこれを超えるもの、出会っていない気がする。

1992年に放送された、ドラマ『十年愛』。主演は田中美佐子と浜田雅功。そこに大江千里や鈴木杏樹、斉藤慶子や木村一八らがからみ、それぞれの恋愛模様が描かれた。その中盤の第6話、大きなドラマが訪れる。

大江千里、死んじゃうのである。
劇中での主要キャストの死は、別に珍しくもなんともない。この死が伝説となったのは、その「死にざま」である。

【伝説になった大江千里の死にざま】


大江と田中の間に出来たひとり娘が、斉藤慶子演ずる大江の元妻らに誘拐されてしまう。娘を連れた斉藤が現れたのは、遊園地。そこに大江と浜田がかけつけたところ、娘はメリーゴーランドに乗っていた。

「誰にも知らせないって言ったじゃない!」
と斉藤慶子が逆上、なだめようとする浜田ともみ合いになったそのとき、斉藤が振り回した消化器が操作盤にぶつかったことで、その操作盤が火花をあげて「ボン!」。次の瞬間、メリーゴーランドはどんどん高速回転していってしまうのである(この流れがすでに何が何だかですが)。
娘、ピンチ! メリーゴーランドは止まらない。どうする、どうなる、といったところで、父親役である大江千里はかかんに高速メリーゴーランドに飛び込んだ。

【まるでコント? 感動的な場面が台無しに】


危険をかえりみず、娘を救う姿。本来なら感動的な場面だ。しかし、肝心の画面がなんともすっとぼけた空気なのである。

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2015年12月30日 06時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品