90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「二度とやりたくない」長嶋茂雄が告白した対戦とは

2016年1月8日 10時00分

ライター情報:篁五郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
今でも国民人気が高いプロ野球。現在のプロ野球スーパースターといえばイチロー田中将大大谷翔平などが浮かぶが、ひと昔前のプロ野球のスーパースターといえばなんといっても長嶋茂雄王貞治の二人。
巨人のV9時代を支えた「ミスタープロ野球」長嶋茂雄と「世界のホームラン王」王貞治は子供の憧れだった。

その二人が監督として相対したのが、2000年の日本シリーズ。長嶋は巨人の監督、王はダイエー(現:ソフトバンク)の監督であった。今回はこの日本シリーズを振り返ってみたい。

ダイエー・藤井将雄の死


この日本シリーズが開催される直前、訃報が届いていた。前年の99年にダイエーの日本一に貢献した藤井将雄投手が肺がんで死去したのだ。
そのため、ダイエーの選手は喪章を付けてシリーズを戦うこととなり、前年までダイエーに在籍していた巨人の工藤公康も藤井の遺骨をしのばせて登板したのだという。

2000年 巨人とダイエーの選手たち


この年の巨人は高橋由伸松井秀喜清原和博の強力クリーンアップに加え、投手陣も工藤公康に上原浩治高橋尚成などと良い選手揃い。
一方のダイエーは松中信彦城島健司、この年に2000本安打を達成した秋山幸二などの打撃陣に加え、渡辺正和篠原貴行、ペトラザという安定したリリーフ陣が持ち味であった。

シリーズの序盤はダイエー優勢


東京ドームで行われたシリーズの序盤はダイエーが優勢であった。
第1戦は巨人が先制するも、城島や松中などのホームランでダイエーが見事な逆転勝ち。

関連キーワード

ライター情報: 篁五郎

酒とラーメンと麻婆豆腐と餃子をこよなく愛する独身おっさん物書き。書くものは雑食系。できることからやるをモットーに90年代を懐かしつつ記す日々

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品