90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

「たかが選手が」プロ野球を大きく揺るがしたプロ野球再編問題

2016年1月16日 06時00分

ライター情報:篁五郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本のプロ野球は現在12球団であるが、球団の数が減って1リーグ制に移行する可能性もあった。それは2004年に端を発した近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブとの合併だった。

お荷物球団だった近鉄バファローズ


近鉄バファローズはプロ野球の名物球団として知られ、かつては関根潤三、鈴木啓示、梨田昌孝、阿波野秀幸、野茂英雄吉井理人中村紀洋など個性の強い選手で溢れていた。ちなみに、昨年に福山雅治と結婚した女優の吹石一恵の父・吹石徳一も近鉄OBである。

しかし平成に入ると、本社の近鉄が業務拡大による経営失敗により、不良債権処理を進めていた。そんな中で近鉄バファローズは、毎年40億円の赤字を出していたため、売却が検討されることに。
そんな矢先、近鉄買収にライブドア社長の堀江貴文が名乗りを上げたが、近鉄側が拒否。そこで代わりに出たアイデアこそが球団合併だった。

突如として出てきた球団合併


近鉄は2004年の6月、オリックス・ブルーウェーブと球団合併を発表。合併といっても、実情はオリックスが近鉄を吸収し、オリックス側が球団経営を行うというもの。
近鉄とオリックスが合併したことでパ・リーグは5球団、セ・リーグは6球団という歪な形に。これに対してファン、選手の両方から反対の声が相次いだ。

しかしそんな声をよそに、近鉄とオリックスの合併がオーナー会議で承認されると、今度は西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズの合併、西武ライオンズと日本ハムファイターズの合併などパ・リーグの球団の合併話が報道を賑わすようになる。

ライター情報: 篁五郎

酒とラーメンと麻婆豆腐と餃子をこよなく愛する独身おっさん物書き。書くものは雑食系。できることからやるをモットーに90年代を懐かしつつ記す日々

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)