90s

将棋界の藤井は聡太だけじゃない! 竜王戦3連覇を果たした藤井猛の雑草魂

       
藤井聡太七段の快進撃が続いている。数々の最年少記録を塗り替え、もはや新人王戦の優勝くらいでは騒がれなくなった天才棋士の登場で、かつてないほどの盛り上がりを見せる将棋界。この先、藤井七段が数多くのタイトルを獲得することはほぼ間違いないだろう。

しかしながら、将棋界の「藤井」といえばこの人の存在を忘れてはいけない。90年代後半に将棋界を席巻した「藤井システム」の考案者にして、棋界最高峰の竜王戦を3連覇した藤井猛九段だ。独特の美学を感じさせる個性的な差し筋と、突拍子もない比喩を交えたユーモラスな解説……。将棋ファンから「藤井てんてー」の愛称で親しまれている彼は、いかにして竜王戦3連覇という偉業に至ったのか。その足跡を振り返ってみたい。

最も遅咲きの「羽生世代」


将棋界の藤井は聡太だけじゃない! 竜王戦3連覇を果たした藤井猛の雑草魂
藤井猛 画像はAmazonより

1970年生まれの藤井猛九段のキャリアは、同じ姓の藤井聡太七段とはまるで対照的だ。なにせ、藤井聡太がプロ入りした14歳(中学2年生)のころ、藤井猛はまだ奨励会(6級から三段までの棋士が在籍し、四段でプロ棋士に昇格)にすら入会していなかったのだから。当時の藤井少年には身近に将棋を指す相手がおらず、もっぱら本とテレビ番組を通じて地道に独学を続けていたという。

中学2年生の秋に、ようやく奨励会への登竜門である研修会に入会した藤井少年。しかしその1年後、1985年の11月に受験した奨励会の入会試験に不合格。「これで俺の将棋人生は終わり」というほどの絶望感に打ちひしがれる。一方で、藤井と誕生日がわずか2日違いの羽生善治は中学3年生にしてプロに昇格。かたや奨励会落ち、かたや奨励会を突破してプロ入りと、15歳にして覆しがたいほどの大きな差を付けられてしまった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。