90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

ジャニー喜多川がSMAP解散を語った過去 「中居くんに聞いて」との持論

2016年1月17日 00時07分

ライター情報:さのゆう90

このエントリーをはてなブックマークに追加
ここ最近、芸能界はSMAP解散危機の話題で持ちきりだ。年明けからベッキー不倫やDAIGO・北川景子結婚などのビッグニュースが相次いだが、SMAPの件はそれらが吹き飛ぶくらいのニュースだろう。

このニュースの鍵となっているのは、SMAPの敏腕マネージャーとして知られた飯島氏とジャニーズ事務所の重鎮であるメリー喜多川氏との確執。
各スポーツ新聞の後追い報道ではメリー氏が激怒しているという話題が多いが、事務所トップのジャニー喜多川氏のコメントは聞こえてこない。

【キムタクが独立? 以前にもあったSMAP解散危機】


しかし、以前にSMAP解散が騒がれていた最中、ジャニー氏がSMAP解散について話したことがあるのだ。これは1997年に遡る。

1997年、木村拓哉の独立問題でSMAPは解散の危機を迎えていた。当時、『ロングバケーション』で社会現象を巻き起こすなど、ジャニーズ事務所の中でもダントツの人気だったキムタクが、収入面等で事務所に不満を抱きジャニーズから独立すると報道されていた。
今回の件はキムタク以外の4人が離脱するのではというものだが、この時はキムタクだけがジャニーズを抜けるのではと取り沙汰されていたのだ。

【SMAP解散について語ったジャニー喜多川】


そんな騒動の真っ只中の1997年、『AERA』にてジャニー喜多川氏はインタビューに応じ、この騒動について言及している。
SMAP解散について話が及ぶと、ジャニー氏は中居くんの凄さを上げ、こう語っている。

関連キーワード

ライター情報: さのゆう90

1992年生まれ、静岡育ち。好きなもの=スポーツ全般(特に野球)、ラーメン、戦国史、イチロー

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)