90s

50億かけて製作されたB級映画…ハリウッド版「スーパーマリオ」のこれじゃない感

50億かけて製作されたB級映画…ハリウッド版「スーパーマリオ」のこれじゃない感
『マリオ』画像はAmazonより

子どもから大人まで、老若男女に愛されるゲームといえば『スーパーマリオブラザーズ』シリーズだろう。ファミコンソフトとして登場以来、アクション、パズル、レーシング、スポーツなど、様々なジャンルに進出。スーパーマリオの名を知らない者はいないと言えるほどのビッグタイトルだ。

そんな任天堂のキラーコンテンツが、93年にハリウッドで実写映画化されると耳にしたとき、筆者は期待で心躍っていた。いざ実写映画化されたものを目にしたとき、その期待は驚愕に変わった。

それは『スーパーマリオ』の名前を冠した“他のなにか”だった


50億かけて製作されたB級映画…ハリウッド版「スーパーマリオ」のこれじゃない感
『マリオ(クッパ)』画像はAmazonより

『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』という映画タイトルからして、どうもマリオらしくない禍々しいものに感じた。こういうときの直感というのは得てして正しいものだ。その世界観は、とてもマリオを題材にしているとは思えないものとなっていた。

マリオとルイージは兄弟だが、映画では実の兄弟ではないという設定になっていた。ルイージは孤児院からマリオに引き取られて育てられた血の繋がりのない兄弟…ってそれもう親子やんけ! と思わずツッコむ。さらにマリオの恋人はピーチ姫ではなく、『ドンキーコング』で囚われの身となっていたヒロインのポリーン(つまりは元カノ?)だったりと、予想外の設定に思わずたじろぐ。

まだまだ終わらない。クッパは人間の姿をした恐竜族で、魔界帝国の大統領という設定のせいか、それとも見た目が白髪だからか、権力にとりつかれたただのおじいちゃんで凄みはまったくのゼロ。亀感もゼロ。ヨッシーにいたってはクッパのペットでリアル恐竜と、どう見てもB級映画だった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「50億かけて製作されたB級映画…ハリウッド版「スーパーマリオ」のこれじゃない感」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    50億でぶっとんだB級映画が製作されたと思えば満足 そんなわけがない。

    0
  • 匿名さん 通報

    まぁキノコは菌糸類だし、ヨッシーとか言われてみれば恐竜だしなぁと納得しながら小学生の頃は結構楽しんで観てましたよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    バットマンダークナイトみたいなシリアスなマリオ見てみたいぞ。クッパや敵キャラは中国やISをモデルにした感じの

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。