90s

愛すべき誤植!「インド人を右に」を超える誤植は未だ生まれていない

       
愛すべき誤植!「インド人を右に」を超える誤植は未だ生まれていない
『ゲーメスト』画像はイメージ

86年から99年にかけて、アーケードゲームを専門に扱った『ゲーメスト』という人気雑誌があった。最盛期には発行部数30万部を超えるほど勢いのある雑誌だったが、他誌では真似できないような濃い密度の攻略情報が人気の秘訣だった。
しかし、『ゲーメスト』の人気の理由はその圧倒的な内容だけにあったわけではない。同誌が愛されたもうひとつの理由、それが多すぎる「誤植」だ。

原因は「字の汚さ」?


とにかく誤植が多いことで有名だった『ゲーメスト』、その主な原因は原稿が手書きというアナログすぎる作業体制にあった。時代はデジタル化一直線だった最中、同誌編集部はその波に乗り遅れてしまっていたのだ。

そんな中、97年4月30日発売の『ゲーメスト』193号で、伝説級の誤植が誕生した。

「くお〜!!ぶつかる〜!!ここでアクセル全開、インド人を右に!」

これはセガのレースゲーム『スカッドレース』の攻略の中で出てきた一文だ。コースの壁を目前にして激しくドリフトするプレイヤーの車。アクセル全開、これはわかる。そこでインド人を右に?? 突如出てきたインド人の存在に、すべての読者の頭上に「?」マークが灯った。同誌の編集作業の事情など知る由もなく、もちろん何の説明もなかったため、謎は深まるばかり。この誤植は、97年から20年以上過ぎた2018年になっても未だに人々の記憶から忘れられることなくインターネット上で語り継がれている。

なぜこれが伝説の誤植と呼ばれるのか。それは、どのようにしてこの誤植が起きてしまったのかによるところが大きい。当時、多くの人がこの誤植の原因を考察した。そして、非常に信憑性のある、かつ悲しくて可笑しい説が囁かれるようになった。それは、手書きの文字が汚すぎたために「ハンドル」が「インド人」に見えたという説だ。イラストを見て欲しい。

当時ゲーメスト編集部に在籍していた編集者も同様のことを考察していることから、この説はほぼ確定といっていいだろう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「愛すべき誤植!「インド人を右に」を超える誤植は未だ生まれていない」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    ようきたのう! ゲーメスト!

    2
  • 匿名さん 通報

    今だってパソのインチキ変換がタプーリあるよ。

    1
  • クタバレ韓頭人! 通報

    関西を歩く韓頭弁の輩を地獄の底に叩き落とせ!超賤顔の安藤を地獄に落とせ!三船美佳落合ケンタロウ渋谷すばるアジアン隅田をこの世から叩き出せ!奴らは盗人や!詐欺師や!乞食や!韓頭の半グレの手先や!

    1
  • 匿名さん 通報

    手書き原稿、いいね。 数ある産業の中で比較的早い時期にデジタル化されたゲーム界でこれが行われていたのか、

    0
  • 匿名さん 通報

    となりのインド人、なにしてるのぉー?

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月29日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。