90s

「大晦日=格闘技観戦」は猪木がお膳立てした最高のハッピーエンドから始まった

「大晦日=格闘技観戦」は猪木がお膳立てした最高のハッピーエンドから始まった
▲筆者私物の「INOKI BOM-BA-YE 2001」案内ハガキ

今年も大晦日にはフジテレビ系で総合格闘技イベント「RIZIN」が中継される。
一時期途切れたこともあったが、大晦日に格闘技を見る文化も今は成熟期といったところか。

その原点は、2001年の大晦日にあった。
TBS系で放送された『最強の格闘王決定戦!猪木軍vsK-1 最強軍全面対抗戦完全決着!』が、紅白歌合戦を向こうに回し、14.9%もの高視聴率を獲得したことがすべての始まりだ。
プロレス引退後、総合格闘技ブームの波に乗り勢いづくアントニオ猪木率いるプロレスラー・格闘家混成軍と、ゴールデンタイムでの中継やCM出演等で一般認知絶大のK-1ファイター軍による夢の対抗戦を中継した番組である。
大会名は「INOKI BOM-BA-YE 2001」。通称、「猪木祭り」。
結果として、紅白に肉薄する大成功イベントだったのだが、そのドタバタぶりも含めてもはや伝説。
大会の、そして番組の要であるメインイベントが直前まで決まらず、対戦カードが二転三転していたのである……。


「K-1の喧嘩番長」ジェロム・レ・バンナと対戦するのは一体誰なんだ!?


すべてのきっかけは、12月10日に「猪木軍の総大将」藤田和之がトレーニング中にアキレス腱を断裂するという悲劇からだった。
全治6カ月という大ケガで、メインイベントに予定されていたvsジェロム・レ・バンナ戦が白紙になってしまったのだ。
猪木軍にはもう1人の主役ともいうべき「柔道王」小川直也が控えていたのだが、ファイトマネー1億円でのピーター・アーツ戦を最後まで譲らず、結局バンナ戦どころか出場自体を見送ることに。
それを受け、猪木自らが現役復帰することまで示唆したが、さすがに現実的ではない。
猪木を慕う総合格闘家のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラやマリオ・スペーヒーがノーギャラでの参戦をぶち上げたが、猪木軍と呼ぶには無理があるし、世間の関心も集めにくい。
「破壊王」橋本真也の参戦も噂されたが、猪木とは絶縁状態にあり、こちらも現実的ではなかった。
結局、大晦日決戦まで1週間の時点で、メインのカードが決まらないままだったのである。

あわせて読みたい

気になるキーワード

90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年12月31日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース