90s

変態仮面より変態?よくぞ実写化した永井豪「けっこう仮面」

変態仮面より変態?よくぞ実写化した永井豪「けっこう仮面」
『けっこう仮面』画像はAmazonより

“どこの誰かは知らないけれど、カラダはみんな知っている”
「頭隠して尻隠さず」とは真逆の「顔は隠して身体隠さず」の精神で悪を成敗する『けっこう仮面』という正義の味方がいた。赤いマスクで顔を隠しつつ体は全裸で敵を成敗する驚きの女性ヒーロー漫画『けっこう仮面』は、『デビルマン』や『マジンガーZ』といった名作を生み出した漫画界の巨匠・永井豪が75年から月刊少年ジャンプで連載した作品だ。

90年代にまさかの実写化…よく頑張った!


78年の連載終了から13年の時を経た91年、『けっこう仮面』はまさかの実写オリジナルビデオとしてリリースされることになった。

全裸(しかもナイスバディ)で戦う時点でエロいのだが、『けっこう仮面』の必殺技はとにかく過激だ。いくら時代がゆるかったとはいえ、少年誌でそれを出していいのかというレベルにエロかった。実写でそれを再現できるのか? いや再現していいものか? それだけが実写化を巡る論点だった。

それはまったくの杞憂に終わった。彼女には「おっぴろげジャンプ」という必殺技がある。その名の通り、ご開帳よろしく大開脚した状態で敵の顔めがけて飛びかかるという技だ。こんなもん、漫画だからできる技だと思っていたが、まさか実写で完全再現してしまうとは…まさに衝撃である。

「おっぴろげジャンプ」を食らった敵は、みな笑顔で「けっこう…」という最後の言葉を吐き敗北するのがお約束。実写ビデオ第1弾ではその技が披露されたのは1度だったが、ポール牧扮する敵の親玉「サタンの足の爪」が幸せそうな笑顔を見せていた。もしも自分が悪として成敗されるのであれば、このような最期を迎えたいと本気で思ったものだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「変態仮面より変態?よくぞ実写化した永井豪「けっこう仮面」」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    永井先生の作品には、へんちんポコイダー、へんきんタマイダーという男性バージョンもあって・・・ こちらの変身シーンは今の日本の法律では絶対実写化出来ない

    1
  • 匿名さん 通報

    H仮面の姉のような「まぼろしパンティ」という破廉恥極まりない作品もございました…

    1
  • 匿名さん 通報

    青木クリスが生放送の深夜番組11PMでマスクを取っていたが、マスクのあとと、ヘアスタイルが乱れてしまい。微妙だったのを思い出す

    0
  • 盆地 通報

    『超マン』も無理かなぁ笑

    0
  • 匿名さん 通報

    ヘン態というほどではなく、単に「顔出しNGなナチュラリストさん」なんだと思っていた。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。