90s

「笑ってはいけない」開始前の紅白の裏番組は? お色気規制の緩かった90年代を振り返る

       
「笑ってはいけない」開始前の紅白の裏番組は? お色気規制の緩かった90年代を振り返る


まもなく年の瀬。大晦日のテレビ番組というと、まずはNHKの紅白歌合戦。そして「笑ってはいけない」シリーズや格闘技をはじめ民放各局が何を放送するか、いわゆる裏番組も話題となります。

過去の紅白裏番組は今と同じなのかそれとも違いがあったのか? 90年代を「紅白の裏番組」という切り口で紐解いていくと、そこには現在へと続く流れと、90年代ならではの賑やかさの両方が満ちあふれていました。

今なお残る、年末年始の定番番組


まず、ずっと変わらないのがテレビ東京。「年忘れにっぽんの歌」を放送しています。音楽ファンの中には、紅白よりもこっちが好きという人も少なからずいるようです。

続いてTBSも、実は90年代は毎年ずっと同じ番組を放送してました。その番組とは……「日本レコード大賞」!。

2006年からは12月30日放送のスタイルとなりましたが、それまでは大晦日の放送。そのため、紅白歌合戦と両方に出場する歌手が、急いで移動する姿も見どころの一つでした。レコード大賞放送直後の番組も女子駅伝やクイズなど色々ありましたが、1999年には徳川埋蔵金を生放送で発掘できるかというプロジェクトが放送されています。

ちなみに格闘技を紅白裏で初めて放送したのもTBSで、2001年のレコード大賞後のこと。これが予想外の大ヒットとなり、以降スポーツ特番も定番化していきます。

そしてテレビ朝日も、90年代の紅白の裏番組は「大みそかだよ!ドラえもん」が恒例。ここ数年は放送日や時間帯がずれ、紅白の裏にならないこともありますが、年代を問わず楽しめる年末年始の定番として輝き続けています。

なおドラえもん放送直後の番組は、ニュース映像を振り返る内容が多かったよう。その中でも、ビートたけしをメインとした「TVタックル」のような討議番組が定番となっていき、特に90年代後半からはノストラダムスが滅亡を予言した世紀末が近いこともあり、超常現象に対して激しく議論する番組が制作されました。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月31日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。