90s

松嶋菜々子の黒歴史!セクハラだらけのコント「近未来警察072」

今年の3月、『とんねるずのみなさんのおかげでした』が21年の歴史に幕を閉じた。同番組の前身となった『とんねるずのみなさんのおかげです』がスタートしたのは1988年10月。20余年の間にはいろんな意味で世間を騒がせることが多々あったが、なかでも無名時代の松嶋菜々子を起用して94年に番組内でスタートしたコント「近未来警察072」は衝撃だった。

絶対黒歴史!松嶋菜々子の口から本職顔負けのセリフが連発


松嶋菜々子の黒歴史!セクハラだらけのコント「近未来警察072」
とんねるずのみなさんのおかげでBOX 画像はamazonより

だいた、「近未来警察072」というコントシリーズのタイトルからして、勘のいい人ならすぐに何かを察することができるだろう。その通り、下ネタ要素が満載のコントとなっている。

「ああ、クセになりそう!私はあなた達のメスブタよ。もっとイタぶってちょうだい!」
「カタいわ!こんなの初めて。私だけのモノよ。ああコワれちゃいそう!」
「ダメ!中はダメ!外なら、外ならどこでもいいから!」
「今日は私が上になるわ。そうよ、下からも突き上げて!ああ、当たってる!」

などなど、こんなセリフが松嶋菜々子の口から発せられていたのだ。今振り返ると、にわかには信じられない。時代が緩かったからとはいえ、このコントは世紀末だったからこそ許されたコントなのではないだろうか。

構成要素の半分は下ネタなんじゃないか?


同番組では石橋貴明が女性ゲストに対して口に入れた食べ物を顔に垂らしてみたり、女性が口に咥えていたおしゃぶりを取って自分の口に入れるといった悪ふざけが多々見られたが、同コントでは“下ネタ(に聞こえるセリフ)を言わせる”というセクハラの典型のようなことがまかり通っていたのだ。21世紀なら大問題に発展しそうなものが平気で地上波で放送されていた。しかも相手は無名時代とはいえ松嶋菜々子、大らかな時代だったものだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月5日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。