90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

広末涼子のパンツが見えた? ブレイクのきっかけになったCM

CM出演でのブレイクがトップアイドルへの登竜門とされた90年代初頭。その象徴となったのが「3M」と呼ばれた、宮沢りえ・牧瀬里穂・観月ありさの3人だ。
CM発のアイドルとして大人気となったこの3人に続くビッグネームといえば、やはり広末涼子ではないだろうか?
そもそも、デビュー作はあのCMだったりする訳で……。

初応募のオーディションでグランプリ!芸能界デビューへ


小学校に入る前から芸能界に憧れていた広末。雑誌で見つけて初めて応募したのがP&G『クレアラシル』のオーディションだ。詳しくは、1994年に開催された第1回「クレアラシルぴかぴかフェイスコンテスト」。
オーディションでは、自分の顔にペインティングすることで「ぴかぴかフェイス」を表現。さらに、自作の歌を披露する力の入りようだった。

結果、応募総数2,589名の中から初代グランプリを見事獲得。翌95年にイメージガールとしてCMデビューすることとなった。
「自然体でいて、こちらの予想以上のものをやってのける。他の子とは違う何かを持っていました」
審査委員長の評価通り、自然体でピュアな輝きは圧倒的な支持を集め、トップアイドルの階段を一気に駆け上がっていくことになる。

広末涼子のパンツが見える?見えない? 話題になったポケベルCM


ブレイクのきっかけとなったのが、同じく1995年からスタートしたNTTドコモのポケベルのCMだ。
第1弾の「登場編」では、公園のタコ滑り台に乗っている広末の顔のアップからカメラがズームアウト。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2016年2月17日 00時01分

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    今の広末は悪女が似合う。NHKの「聖女」が良かった。

    2
  • 匿名さん 通報

    デキ婚繰り返すビッチはもう落ち目じゃないの。事務所のパワーで生き延びてるけどさ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品