90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

大久保嘉人、中村俊輔も失敗 スペインリーグの日本人挑戦

2016年3月17日 06時00分

ライター情報:篁五郎

サッカー選手の海外リーグへの移籍。今では多くの国で日本人選手が活躍してるが、スペインリーグだけは誰一人として活躍できていない。

城彰二 日本人初のスペインリーグに


日本人選手として初めて、スペインリーグに足を踏み入れたのは城彰二。2000年にバジャドリードへレンタル移籍を果たす。シーズン途中での移籍ながら15試合で2ゴール。ゴール数は物足りないものの、ポストプレーヤーとして評価されレンタル延長や完全移籍の話も出ていた。しかし前十字靭帯断裂したままのプレーが発覚し、契約延長の話は立ち消えに。日本復帰することとなった。

8試合の出場に終わった西澤明訓


城の後に続いて挑戦したのは西澤明訓。2000年の12月にセレッソ大阪からエスパニョールに移籍したが、僅か8試合の出場に留まり半年でプレミアリーグに移籍した。

チームを救う活躍も 大久保嘉人の挑戦


大久保嘉人は2004年にマヨルカへレンタル移籍。デビュー戦で1ゴール1アシストを挙げ衝撃を与えたが、継続的な活躍ができずレギュラー定着には至らず。しかし、シーズン残り4試合で2ゴール2アシストを記録し、降格の危機だったマヨルカを救う活躍をみせた。
翌シーズンもマヨルカでチャンスを与えられたが、19試合連続ノーゴールといった結果を残すことができずに帰国することに。

「最悪の補強」中村俊輔の悪夢


スペインリーグの挑戦で最も期待を浴びたのは中村俊輔だろう。2009年にスコットランドリーグセルティックからエスパニョールへ完全移籍を果たす。

関連キーワード

ライター情報: 篁五郎

酒とラーメンと麻婆豆腐と餃子をこよなく愛する独身おっさん物書き。書くものは雑食系。できることからやるをモットーに90年代を懐かしつつ記す日々

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品