90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

不倫報道の石井竜也 過去には自殺未遂も

2016年3月25日 00時02分

ライター情報:宮古治虫

30歳年下の女性ファンとの不倫疑惑を『女性セブン』に報じられた米米CLUBのボーカル・石井竜也。しかし即座に自身のHPで謝罪文を掲載したり、17日のラジオ番組収録後、妻であるカナダ人のマリーザ夫人と手つなぎで登場したりとその後の対応はバッチリ。「ゲスの極み」とは違い、騒動は簡単に火消しへと向かいそうだ。

さて、そんな石井はかつて出演したテレビ番組(『アシタスイッチ』2012年6月24日放送)で自殺未遂をしたという衝撃の過去を告白している。多くのヒット曲もある彼はどうしてそこまで追い詰められてしまったのだろうか。

10億円の借金を背負った石井竜也


石井竜也は1985年に「米米CLUB」でメジャーデビュー。1990年発売の『浪漫飛行』や1992年発売の『君がいるだけで』など大ヒット作にも恵まれたが、1997年にグループは解散。
その後、石井竜也はソロ活動を行い、音楽以外にも映画作品にも挑戦した。しかし、これが自身の首を絞めることとなってしまう。
石井が監督を務めた『河童』(1994年公開)は当時の最新3D技術を駆使して制作、そして『ACRI』(1996年公開)はオーストラリアでロケをし、江口洋介浅野忠信などのビッグネームも出演している。しかし莫大な製作費とは裏腹に興行成績は伸びず、結果的に10億円にも及ぶ借金を背負ってしまったのだ。

自殺未遂も 石井竜也の告白


人間不信に陥り、家から出ようと思っても過呼吸になってしまったと当時を語っている石井。

関連キーワード

ライター情報: 宮古治虫

宮古島出身、春日部育ち。本業は紙媒体ですが、ネットライターも始めました。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品