90s

前人未到のJRA通算4000勝! 武豊と共にターフを駆けた90年代の名馬たち

       
2018年9月29日に、JRA通算4000勝を達成した天才ジョッキー・武豊。歴代2位の岡部幸雄が2943勝であることを考えると、その記録はあらためて驚愕のひとことだ。騎手としての腕だけでなく、端正なルックスと巧みなトークで長らく日本競馬界のシンボルとして活躍してきた武は、一般層の知名度も他の騎手とは段違い。競馬界に“ポスト武豊”を求める声が叫ばれて久しいが、現在のところその存在感に比肩する騎手は現れていない。

1969年生まれの武が20代を過ごした90年代は、日本競馬史上もっとも華やかな季節だったと言えるかもしれない。オグリキャップの登場を境に競馬人気は上昇を続け、1997年にはJRAの年間売上が4兆円を突破。2017年の売上が2兆7476億6248万4800円であることを考えると、4兆という数字がいかにとんでもない額か理解できるだろう。

オグリキャップの引退レースで時代の寵児に



競馬ブームの火付け役になったオグリキャップだが、彼の現役最後のレースの鞍上も武豊だった。1990年12月23日。寒空の中山競馬場で行われた第35回有馬記念で、18万人近い大観衆は奇跡を目の当たりにする。

1990年の秋から冬にかけて、増沢末夫が騎乗したオグリキャップは天皇賞(秋)で6着、ジャパンカップで11着と、大きく調子を崩していた。それまで一度も掲示板(5着以内)を外したことのない馬が惨敗を続けたことで、ファンやマスコミの間には「オグリは終わった」という定説が広まっていく。果てはJRA宛に「これ以上恥を晒さずに引退しろ」という脅迫状まで寄せられる始末で、引退レースの有馬記念でも4番人気。温情で記念馬券を買ったファンも多く、実際の評価はさらに低かったとも言われている。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月28日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。