90s

異例の6頭身アニメ「スーパービックリマン」最終回が当時の子供に与えた衝撃

1977年にチョコレート菓子として誕生し、長きに渡って多くの年代に愛され続けてきたビックリマン。87年にはアニメ『ビックリマン』の放送がスタートした。アニメシリーズはその後89年に『新ビックリマン』を、92年には『スーパービックリマン』が放送された。

『新ビックリマン』までのアニメシリーズはキャラクターは2頭身だったが、『スーパービックリマン』ではそのイメージを一新。5頭身、6頭身キャラとなり、見た目が大きく変化した。加えて『スーパービックリマン』では「サイバーアップ!」の掛け声とともにプロテクターを身にまとい、戦闘体へと変身するという新要素がアニメを見る子どもたちを驚かせた。

想像以上にハードな物語


異例の6頭身アニメ「スーパービックリマン」最終回が当時の子供に与えた衝撃
画像はAmazonより

アニメ『スーパービックリマン』の物語は、それまでのギャグ多めのアニメシリーズとは異なり、シリアス街道をひた走るもので、当時の幼い子どもたちが見てすべてを理解するのは難しい物語であったと記憶している。

『ビックリマン』、『新ビックリマン』では天使と悪魔が争いながらも、平和な世界を作り上げていくという物語だったが、アニメ『スーパービックリマン』では、主人公ら4人を残して世界は崩壊し、新世界が誕生させる(主人公ら以外は死ぬ)という最終回は多くの視聴者を悶々とさせた。筆者は当時小学校中学年、正義が悪を倒すという単純明快な物語を好むお年頃だったこともあり、『スーパービックリマン』のバットエンドっぷりを理解し受け入れることができたのは、アニメ放送が終了してから10年を過ぎた頃だった。

あわせて読みたい

  • 『ポケモン言えるかな?』歌い手の正体

    『ポケモン言えるかな?』歌い手の正体

  • 低予算を逆手に? 庵野秀明監督のアニメ「彼氏彼女の事情」

    低予算を逆手に? 庵野秀明監督のアニメ「彼氏彼女の事情」

  • 藤子・F・不二雄、マンガに捧げた生涯を振り返る

    藤子・F・不二雄、マンガに捧げた生涯を振り返る

  • 「Dr.スランプアラレちゃん」も! 90年代にリメイクされた国民的アニメたちを振り返る【後編】

    「Dr.スランプアラレちゃん」も! 90年代にリメイクされた国民的アニメたちを振り返る【後編】

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年11月2日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース