90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

伝説の20万人動員ライブ! 「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」を振り返る

ライター情報:こじへい

90年代後半のJPOPシーンにおけるGLAYは、とてつもない影響力を持つバンドでした。それはCDセールスの実績を見ても明白。1999年発売の『Winter,again』は164万枚で、その年の年間ランキング2位、1998年の『誘惑』は162万枚で年間1位、同年発売の『SOUL LOVE』は137万枚と、出す曲全て、圧倒的な売り上げを叩き出しているのです。
しかし、このビジュアル系バンドの凄さを、最も世間に印象付けたのは、何といっても1999年に開催された「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」の時でしょう。通称“20万人ライブ”と呼ばれる伝説のステージです。

会場は東京ドーム4個分の幕張メッセ駐車場


20万人……。改めて考えると、とんでもない人数です。ミュージシャンの聖地・日本武道館が14,471人、ステージセットの構成によってまちまちですが、東京ドームは5万人前後と言われている中でこの数字。いかに大規模なイベントだったかが分かります。
もちろん国内において、東京ドームの約4倍にもなるライブ会場などどこにもありません。そのため、広大なスペースに特設ステージを設けるしかないのですが、去年富士山麓で行われた「長渕剛10万人ライブ」のように僻地で開催してしまうと、大変な困難をきたすのは1999年の時点で既に明らか。
というわけで、実際に選ばれた会場は幕張メッセの駐車場。総面積18.5ヘクタールという敷地に、総工費30億円もの費用をかけて、1日限りの特設会場が創られることとなったのです。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年4月12日 00時01分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品