90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「冬彦さん」誕生のきっかけとなった野際陽子のアドリブとは?

ライター情報:こじへい

『誰にも言えない』でも怪演をみせた佐野史郎

[拡大写真]

物語の素晴らしさでも、主演俳優の名演、ヒロインの可憐な芝居でもない。ストーリー上はあまり重要ではない端役の怪演が一大ブームを巻き起こし、それに牽引されるカタチで大ヒットに繋がるなど、ドラマ史始まって以来の珍事ではないでしょうか。それだけ佐野史郎の演じる「冬彦さん」は強烈なインパクトを世間に与えました。

冬彦さんが登場するドラマは、TBSで1992年に放送された『ずっとあなたが好きだった』。賀来千香子演じる「美和」と布施博演じる「大岩」の恋愛を描いた(描くはずだった)物語です。高校時代に恋人同士だったものの、ある事件がきっかけで別れることになってしまった2人。時は流れて、社会人となった美和と大岩は29歳の時に再会を果たします。これまで胸の奥底にうずめていた恋心に再び火が灯り、惹かれあう2人。しかし、大岩には婚約者がおり、美和はすでに既婚者の身となっていました。彼女の結婚相手こそが、東大卒のエリート銀行員・冬彦さんだったのです。

当初は『ロミオとジュリエット』的な物語にする予定だった


当時のプロデューサーによると、このドラマは「『ロミオとジュリエット』みたいな話にするはずだった」とのこと。なるほど。確かに、美和と大岩の関係は障害を乗り越えて恋を成就させようとする、件のシェイクスピア悲劇が展開する構図そのもの。主題歌にあてられたサザンオールスターズの『涙のキッス』も、好き合う男女の切ない別れを歌った楽曲であり、『ずっとあなたが好きだった』というタイトルにぴったりと合致しています。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年4月28日 00時04分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品