s90

缶ジュースのプルタブが取れた30年前 海外では今も現役って知ってた?

缶ジュースのプルタブが取れた30年前 海外では今も現役って知ってた?

現代の缶飲料は、飲む時に開栓してもタブは取れない。本体から切り離すのではなく、飲み口の奥に押し込むタイプのタブはステイオンタブといわれる。しかし、一昔前までは分離タイプのプルタブが主流だった。90年代前半まで日本の缶飲料はフタが取れていたんですよ。

取って飲んで、飽きるまで飛ばす


缶飲料の分離式のプルタブは、飲み物を飲んだあとの子どもの格好の遊び道具だった。タブはフタである金属片の部分と取っ手(リング)部分に別れるが、それをパチリと分解し、取っ手部分の切れ目にフタ部を挟み、取っ手を弾いて飛ばすのだ。誰がこの遊びを考えたのかは知らないが、大人から子どもまで誰もが知っていた最高の暇つぶし道具だった。

下を向いて歩けば数秒で見つかるレベル


このプルタブ、本来ならば缶飲料を購入しないと手に入れることはできない。いくら当時の缶飲料の販売価格が消費税なし100円だったからといって、小学生だった筆者はそうやすやすと購入できるはずもなかった。しかし、筆者をはじめ誰でもたくさんのプルタブを容易に入手できた。なぜなら、昔はプルタブはどこにでも落ちているものであり、下を向いて歩いていればあちこちで見つけることができるレベルだったからだ。

子どもにとってはおもちゃが道のあちこちに落ちている、そんな感覚だったわけだが、昔は缶飲料を飲むとき取ったプルタブをその場に投げ捨てる人がたくさんいたのだ。さらに、取っ手を飛ばしたあとは、金属片部分だけ手元に残る。そして、それだけ持っていても意味はない。結果的に残った金属片もその辺にポイしていた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る
「缶ジュースのプルタブが取れた30年前 海外では今も現役って知ってた?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    昭和の駅は 線路にプルタブとタバコの吸い殻が大量だったね

    1
  • 匿名さん 通報

    タバコを吸ったあと、フィルターがタバコの箱にくっ付いたままにしようとしてるね、吸殻をまとめるために

    1
  • 匿名さん 通報

    駅のホームにたん壷があったもんな

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース