90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

16

ヒグマに襲撃されて死亡…『どうぶつ奇想天外!』で起こった最悪の事故

ライター情報:こじへい

普段、何気なく見ていたバラエティ番組に突如発生した事故。家族でも安心して見れるその内容からは、あまりにも似つかわしくない「死亡」の二文字に、世間は驚きました。同時にそのニュースは、いつも安全圏でテレビを観ている私たちに、現場で制作者の身に起こっているリアルを痛感させる事件でもありした。そんなに命懸けで撮影していたのか……と。

事件の発端となった番組は『どうぶつ奇想天外!』。1993年から2009年の長きに渡ってTBSにて放送されていた、動物をテーマにしたクイズ番組です。2001年9月には番組最高視聴率となる19.6%をマークするなど、子供からお年寄りまで幅広い層に人気を博しました。
そんな『どうぶつ奇想天外!』が放送を開始して4年目のこと。1996年に事件は起こりました。同番組の取材目的でロシアを訪れていた、写真家の星野道夫がヒグマに襲われて死亡してしまったのです。

ヒグマ撮影のプロに一体何が?


もともとこの写真家は、アラスカでグリズリーの写真を幾度も撮影してきた実績のある、いわばその道のプロフェッショナル。当然、熊の習性などは熟知していたはずなのになぜ、このような悲劇が起こってしまったのでしょうか? 事件の一部始終はこうです。

星野は自身の持ち込み企画である「ヒグマと鮭」を題材にした写真を撮影するため、TBSのクルーと共にロシアのカムチャッカ半島南部のクリル湖畔へとやってきました。付近には身の安全を確保できる小屋や「鮭観察タワー」などの宿泊施設があったものの、彼は敢えて湖畔のほとりにテントを設置し、そこへ寝泊りすることを選択します。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年5月1日 23時30分

コメント 16

  • 匿名さん 通報

    ↓無理に泊めさせたならテレビ局のせいだけど、この文の通りなら食べられた本人が自分の知識を過信しての事故でしょ。野生動物への警戒不足じゃなくて人命軽視に持っていくのは飛躍だと思う(矢印ミスゴメンナサイ)

    37
  • 酋長。 通報

    さすがはTBS人命なんぞ軽視してる体質ですな オウム真理の始まりの事件、坂元弁護士一家の発端を引き起こしたのもTBSでしたね

    36
  • tiger 通報

    亡くなった星野さんの冥福を祈ります

    29
  • ガマ 通報

    なんでガイドさんの意見を無視してしまうんだろう。 こういう事故って大体地元の人の警告を無視して起こるよね。 反抗期?

    24
  • シス 通報

    学校で星野さんのこと勉強して知りたくなった時にはもう遅かったです。 星野さんの本などもっと見たかったですね。 星野さんの御冥福をお祈りします

    11
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品