90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

16

人気絶頂から突然の不倫・デキ婚……ジャン・アレジと後藤久美子の交際

ライター情報:こじへい

ジャン・アレジと後藤久美子

[拡大写真]

「女はね、平気で亡命できるのよ」とは、昭和の大女優・岸恵子の言葉。1957年、映画『忘れえぬ慕情』への出演で知り合ったフランス人映画監督イヴ・シャンピと結婚した彼女。
自著の中で放ったこの言葉は、男に心底惚れた際に発揮される女の強さ、たくましさを見事に表しています。

時を経た1995年。かつての大女優と同じように渡仏し、燃えるような恋を演じた女性がいます。彼女の名は、後藤久美子。「ゴクミ」の愛称で親しまれた元・女優です。

10代前半から主演起用され続けた後藤久美子


今ではほとんど表舞台に出ることのなくなったゴクミですが、その芸能生活は実に華々しいものでした。小学校5年生のころからモデルとして活動し、1986年、12歳のときに女優デビュー。NHKのドラマ『テレビの国のアリス』にて、いきなりヒロインに抜擢されたのです。そこでの新人離れした演技が評価され、ゴールデンアロー賞 放送・新人賞を受賞。

以降は「国民的美少女」の触れ込みで、ジャッキー・チェンと共演した『シティー・ハンター』、5作連続でマドンナ役を務め上げた『男はつらいよ』、大河ドラマ『独眼竜政宗』など、数々の作品で記憶に残る演技を披露しました。

“第2のゴクミを探す”という主旨で始まった『全日本国民的美少女コンテスト』


そんな彼女の所属事務所はオスカープロモーション。言わずと知れた、美人女優を多数擁する芸能プロです。
オスカー隆盛の契機となったのは、間違いなくゴクミのブレイクであり、第2の彼女を探すべく1987年より始まった『全日本国民的美少女コンテスト』です。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年5月21日 00時01分

コメント 16

  • angel 通報

    これはちょっと違うと思います・・・ いままでいろんなゴクミとアレジのインタビューを呼んできましたが、アレジのほうが一目ぼれしています。つづく

    87
  • 匿名さん 通報

    不倫と書いてるけどアレジの離婚調停中に出会ってるみたいだし(そりゃ正式に別れてから付き合うのが道徳的には一番正しいのでしょうが)そんな泥沼で略奪したようなイメージ無い。

    72
  • 匿名さん 通報

    あとデキ婚とも書かれてるけど、このカップルは今でも婚姻手続きはしてないはず。まぁフランスに多い事実婚状態。

    72
  • angel 通報

    アレジはインタビューで「マネージャーになんで彼女に会わせたんだ(恋に落ちてしまった、後戻りできない)」と言ったり「彼女は最初まったく振り向いてくれない・愛してくれなかったんだから」と言ったり

    47
  • angel 通報

    ゴクミはもともとフランスによく訪れていたし、語学も独学でよく勉強されていたので・・そしてもともとF1が好きだったみたいです。

    37
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品