90s

「アルシンドになっちゃうよ!」世のハゲの希望の星となった男

1993年、Jリーグ初年度の鹿島アントラーズに1人のサッカー選手がやってきた。ジーコが連れてきた男の名は「アルシンド・サルトーリ」。アルシンドは移籍するやいなやゴールを量産し、一躍日本サッカー界のスター階段を駆け上がっていった。

一度見たら忘れられないその風貌


アルシンドのサッカーにおけるその嗅覚の鋭さ、技術の高さは当時のサッカーファンの多くが知るところだった。しかし、アルシンドはサッカー技術に加えて人々の記憶に残る光り輝くものがあった。その独特の風貌だ。

スポーツ選手に珍しい長くサラサラな髪の毛、それなのに頭頂部がハゲ。フランシスコ・ザビエルを彷彿させる特徴的な髪型(と意外な声の高さ)は妙な親しみやすさを感じさせた。

覚えていますか?「アルシンドになっちゃうよ」


なぜか親近感が湧いてくる風貌のアルシンド。もちろんかつらメーカーも黙っちゃいなかった。水面下でアルシンド獲得に向けてどんな動きがあったのかはわからないが、アデランスがアルシンドのCM起用に成功した。

「アルシンドになっちゃうよ!」

後世にまで語りつがれるアデランスの伝説的CMで生まれたセリフだ。当時は珍しかった自虐ネタだが、これが笑えるのもアルシンドの陽気な性格のおかげなのかもしれない。

ハゲの兆候が見え隠れするサラリーマンに対して、いくら陽気にとはいえ「アルシンドになっちゃうよ!」とアルシンド本人に言わせるなんて…。そしてそんな撮影をOKするアルシンド本人も含めて関係者全員が良い意味で頭がおかしいとしか言いようがない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク