90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「同志みたいな感じ」尾崎豊と斉藤由貴の不倫交際を振り返る

ライター情報:こじへい

「卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう でももっと哀しい瞬間に涙はとっておきたいの」
「逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった」

どちらも、『卒業』という曲のワンフレーズです。前者は斉藤由貴、後者は尾崎豊の楽曲。苦楽を共にした学友と感動を分かち合うというよりは、何となく醒めた目線の卒業観が表現されています。
どこか同じ匂いのする2曲。その歌い手である2人だからこそ、惹かれあう部分があったのでしょうか。

80年代を代表するスターだった尾崎豊と斉藤由貴


まずは、2人のプロフィールを簡単に振り返りたいと思います。斉藤由貴は、1966年生まれの現在49歳。1984年、ミスマガジンコンテストのグランプリ獲得をきっかけに芸能界入り。歌手として、また、ドラマ『スケバン刑事』などで主演を務める女優としても活躍を続け、今に至ります。

尾崎豊は、斉藤より1年早い1965年生まれ。デビューも彼の方が1年先で、1983年、シングル『15の夜』とアルバム『十七歳の地図』をリリース。その振り絞るような歌い方と、若者の鬱屈と不満をストレートに代弁した歌詞で、世間に鮮烈な印象を与えました。
以降も数々の名曲を発表し「10代の教祖」という特異なポジションを築いたのは周知の通り。1992年に26歳の若さで世を去るも、今も多くのファンから愛されています。

雑誌の対談で出会い、その2ヶ月後には不倫旅行へ


そんな80年代を代表するアイコンとして、時代を駆け抜けた斉藤由貴と尾崎豊。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年6月14日 00時06分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品