90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

酒好き・女好きの"インチキ坊主"織田無道、『生ダラ』でブレイクした彼の全盛期に迫る

なんでも、昨年放送された「心霊番組」は20本以上に上るそうだ。心霊系のDVDや雑誌の売り上げも好調で、その市場規模は何と400億円以上。廃れてしまった文化かと思いきや、実は意外なほどに活気づいているのである。
もっとも、心霊をテーマにする場合、コンプライアンスや自主規制により、デリケートな表現となってしまうのが現在のメディアを取り巻く状況。そこで「恐怖映像」として、答えをぼやかす形での放送が大半となっている。

しかし、90年代のテレビはえぐかった。心霊現象は無条件に全肯定の上で、霊視や除霊もやりたい放題。特に織田無道がメディアを席巻した時代は凄かった。

酒好き・女好き! 織田信長の子孫を自称した織田無道


織田無道織田信長の子孫を自称し、80年代末から90年代中期に掛けてバラエティ番組に出まくっていた自称・霊能者。
ウィキペディアにある紹介からして奮っている。
「型破りな性格で知られており、酒は小学校6年の頃から飲んでいた」
「性欲が非常に強い事を公言しており、初めて女性の体を知ったのは13歳のときであるという」
僧侶とは思えない、煩悩の塊っぷりである。
いかつい風貌、声量たっぷりのバリトンボイス。一度見たら忘れることのない強烈なキャラクターで、一躍お茶の間の人気者となっていく。

織田無道、とんねるずの番組での「霊視」で大ブレイク


大ブレイクしたのはやはり『生ダラ』への出演だろう。正式なタイトルは『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2016年7月20日 00時02分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品