90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

4

23年前の8月26日放送、岩井俊二の歴史的傑作「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

ライター情報:死亡遊戯

「打ち上げ花火の奥菜恵を観たことない男は人生を損してる」
90年代の終わり頃、とある大学の映像学科に入学した直後、日本各地から集まった10代後半の男同士でそれぞれ好きな映画の話をしていた時のことだ。
みんな最初はそれぞれスカして見栄を張り、クエンティン・タランティーノやデヴィッド・フィンチャーやダニー・ボイルといった、当時のいわゆる「格好いいお洒落な映画監督」の名前を上げていた。しかし、誰かがふと「俺、岩井俊二の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が好きなんだけど」と口にすると、「実はオレも」「あの奥菜恵は神」なんてほぼ初対面なのに爆発的に盛り上がった。
驚いたのはその場にいた10人弱の男子全員が、本作をテレビ放送時に観ていたということだ。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』


『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、1993年にフジテレビ系列で毎週木曜の夜8時から放送されていた『if もしも』というオムニバステレビドラマシリーズの一作である。
あの『世にも奇妙な物語』のレギュラー放送終了後に始まった本番組は、タモリが語り手として登場。ストーリーの途中で分岐点があり、主人公はどちらかを選択。そのAパターン、Bパターン両方のエンディングが描かれる。

例えば当時30歳の岩井俊二が監督した『打ち上げ花火〜』の場合では、小学6年生の典道(山崎裕太)とクラスメイトの祐介(反田孝幸)がプールで50メートルの競泳勝負をして、勝った方が美少女なずな(奥菜恵)に花火大会に誘われる。

関連キーワード

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、昭和に平成。なんでも書くストロングスタイルを標榜。現役巨人ファン。

URL:Twitter:@shibouyuugi

2016年8月26日 22時00分

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    アニメ版の絵面が「「戦場ヶ原ひたぎ」の中学時代の思い出編」にしか見えないよお。

    3
  • 匿名さん 通報

    アニメ版のヒロインの声が色っぽいとか言う中耳炎患者が居ったな。トーシロは声張らんとすぐボロ出るさかいドラマに向かんねや

    2
  • のん 通報

    奥菜恵のかわいさは異常だったよな・・ これまでの人生で一番かわいいと思った娘。

    0
  • 匿名さん 通報

    それにしてもアニメ版の映画はつまらなかった! 金返せ!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品