90s

『フレディVSジェイソン』 映画史に新たな流れを起こした悪夢の対決

       
『フレディVSジェイソン』 映画史に新たな流れを起こした悪夢の対決
画像出典:Amazon.co.jp「フレディvsジェイソン

ハロウィンシーズン到来。
街には、ホラーテイストのハロウィングッズや広告、パッケージ商品があふれ、便乗企画も星の数ほど。国民的なお祭りイベントの勢いを感じずにはいられない。
そんな、「ホラー」で「お祭り」ムードを盛り上げるのに最適な映画がある。
2003年に公開された『フレディVSジェイソン』。
『13日の金曜日』と『エルム街の悪夢』、80年代ホラー映画の代表作が“悪”夢のクロスオーバーを果たした超エンタメ作品だ。


『フレディVSジェイソン』のあらすじ


夢に侵入する殺人鬼・フレディの惨劇から10年。フレディは人々の意識からすっかり忘れさられていた。フレディは現実世界の怪物・ジェイソンを操ることで、再びエルム街に悪夢をもたらし、自身のエネルギー源である「恐怖」を貯めて完全復活を目指すが、そのジェイソンが暴走! コントロールできないジェイソンにフレディが直接対決を挑むが……。


ホラー界のアイコン! ジェイソン&フレディとは?


ホッケーマスクにマッチョボディ、物言わぬ無骨なパワー系殺人鬼のジェイソン・ボーヒーズ。
殺人鬼の代名詞的存在であり、さまざまな漫画やゲームなどでモチーフにされてきた超メジャーなホラー・アイコンだ。
シリーズ1作目の殺人鬼はジェイソンではなく、またトレードマークのホッケーマスク姿になるのは3作目からというのは、ホラー映画好きには常識のトリビアだろう。

悪夢の支配者のフレディ・クルーガーもジェイソンに負けず劣らずの有名キャラ。
中折れハット、焼けただれた肌、鋭い鉤爪(かぎづめ)、赤と緑のボーダーニット。しかも、ブラックジョークが好きなお茶目(?)キャラ。
立ちまくりのキャラクターは、とんねるずやウッチャンナンチャン始め、パロディコントにされる率も高かった。特にナンチャンは見た目がそっくりで、フレディ本人とコント共演したこともあったほどだ。
ホラー映画が苦手な方でも、両者の見た目や名前ぐらいはご存知に違いない。


シリーズ未見の方でも安心!?


冒頭、フレディ自らが『エルム街の悪夢』シリーズの概略や基本設定をわかりやすく独白してくれるので、ホラー映画初心者にはうれしい親切設計。
続いて、ジェイソンも『13日の金曜日』シリーズのお約束てんこ盛りで自己PRと、ファンサービスも満点だ。
「若い男女によるサービスショット」「そのサービス直後に一人を惨殺」「気配に気づいた相方を瞬殺」の流れは、もはや様式美である。
「口が悪い」「ドラッグ中毒」「セクシーな格好」「単独行動」。これらはすべて死亡フラグ。「ゆっくりと歩いていても先回り」のお約束で、カメラが抜いたティーンエイジャーはもれなくあの世行きだ。
ともかく、両シリーズのイントロダクションを踏まえて、怒涛の本編へと流れ込むのである。

『13日の金曜日』も『エルム街の悪夢』も、アラフォー筆者的にはどちらも多感な時期にテレビ映画で“無理やり”入門させられた思い出が強い。特に、80年代から90年代中期にかけて『13日の金曜日』は土曜日夜9時からの『ゴールデン洋画劇場』でよく放送されていた。(テレビ映画の記事はこちら )
深夜放送の機会も多く、うっかり見入ってしまって眠れないなんてのも当時の「あるある」だろう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。