90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

高岡早紀の波瀾万丈な恋愛遍歴…「相手が100%嫌いでも好きにさせる」と豪語!

ライター情報:空町餡子

恋多き高岡早紀(※画像はイメージです)

[拡大写真]

今では妖艶な"美魔女"といわれる女優の代名詞・高岡早紀。先頃は、女性人気も高い俳優・松坂桃李との密会の噂も出たばかりの"恋多き女"としても名高いが、やはりその人生は様々な「恋愛」のエピソードに満ちている。
そんな魔性の女ともいえる高岡早紀の恋愛遍歴はどれほどのものなのだろうか?

『セブンティーン』でデビューした高岡早紀


高岡早紀としての芸能活動デビューは、意外にも10代の頃、雑誌『セブンティーン』でのモデル活動だった。その後、クラシックバレエでの経験をいかし、しなやかな肢体をみせてCMにも起用されるなど、デビュー当時から他の者にはない異質の妖艶さを魅せていた。
女優業へと活動を広げていた高岡早紀は、映画「バタアシ金魚」で脚光を浴び、さらに20代になると1994年の映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」で惜しみないヌードを初披露。その翌年には篠山紀信の撮影による写真集で、若くしてヘアヌード姿も披露している。

高岡早紀の恋愛遍歴


そんな芸能活動と合わせ、次第に女としての磨きがかかるにつれて、数多くの相手と恋愛遍歴を重ねてゆく。そんな経験すらも、自身では「相手が100%嫌いでも好きにさせる」と豪語していたほど。女優として女として、自分の魔性の魅力を自分自身でよくわかっていたのかもしれない。

過去の恋愛相手として噂で知られただけでも、唯一の結婚相手である元夫・保阪尚希、その保坂との離婚の原因となったとされる布袋寅泰

ライター情報: 空町餡子

フリーライター。恋愛・カルチャー・食べものなどジャンルを問わず執筆。スイーツとモー娘。が好きなアラサー女子。1児の母。

2016年10月14日 00時12分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品