90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

12

カツオ役の声優が急死…衝撃を与えた突然の『サザエさん』声優交代劇

ライター情報:こじへい

現在も親しまれている『サザエさん』(※画像はイメージです)

[拡大写真]

『サザエさん』の波平役を務めた永井一郎が亡くなって、来年1月で早3年。当時の情報・報道番組では、何度も「バッカモーン!」という例の怒号が繰り返し流され、各局トップニュース扱いで「日本のお父さん」の死を悼んでいたものです。

そもそも、人気長寿アニメにおいて声優の加齢、そして死は、不可避な課題と言えます。1979年から放送を開始した『ドラえもん』は、2005年に主要キャラの声優をまるまる総とっかえし、これを克服しました。
しかし、こうした荒療治を行うケースは稀であり、1969年から放送を開始した『サザエさん』におけるメインキャラクターの配役は、基本、現状維持路線。そのため、老齢に達した声優陣の誰かが突如鬼籍に入る可能性は常に抱えているわけです。

『サザエさん』収録中に倒れたカツオ役の声優


思えば、今から18年前。カツオ役を務めた声優・高橋和枝が亡くなったときも、波平死去の報同様、まるで大物芸能人でも無くなったかのような大ニュースとして、メディアで取り上げられていました。
事の発端は1998年5月14日。『サザエさん』収録中に異変は起こります。かねてよりの持病であり、治療困難な難病とされる「骨髄異形成症候群」による容態急変のため、高橋は突然倒れてしまったのです。
すぐに東京都文京区の東大附属病院に搬送され、以降、入院生活を余儀なくされることに。これにより、28年間続けてきたカツオ役を、無念ながらも降板せざるを得なくなります。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年10月27日 00時02分

コメント 12

  • hanako 通報

    大物芸能人でも亡くなったかのような‥って すごく失礼。 こんな比喩いらない。 すべて既出のつまんない記事。

    71
  • ガス欠 通報

    まず最初に、カツオ役の声優が急死、て言う身だしなみが気に入らない。みーなさんが急死したのかと思った

    56
  • 匿名さん 通報

    同意。 まったく失礼な言い回し。最低。

    41
  • 匿名さん 通報

    ま、記事の良し悪しはともかく、カツオの声は 冨永みーなさん以外は考えられないですね。 サザエさんはみんな交代が上手くいっているのかと。 ドラえもんがなぁ。

    13
  • 匿名さん 通報

    タマですにゃ

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品