90s

総額200億円!? メガネスーパーが巨額を投じた伝説のプロレス団体


メガネスーパーの「V字回復」が大きな注目を集めているという。
8年連続の赤字で倒産寸前まで追いつめられていたが、質の高いサービスの提供に力を入れ、安売りから脱却したことが転機になったようだ。
詳しくは専門家に譲るとして、筆者が語りたいのは、そのメガネスーパーがプロレス界に参入した大事件についてである。
バブル時代全盛期、メガネスーパーが新団体を旗揚げしたことがあった。
その名もSWS。正確には、「メガネスーパー・ワールド・スポーツ」のプロフェッショナルレスリング事業部となる。
99億円とも200億円ともいわれる大資本を投じながらも、わずか2年であっけなく崩壊。未だ謎多き、伝説の団体である。


もうひとつのUWFを目指して設立されたSWS!?


1990年5月に発足したSWSは、メガネスーパー創業者で社長だった田中八郎氏の肝いり企画だ。
元々、大のプロレスファンだった田中氏。社会現象的なブームにまでなった第2次UWFの冠スポンサーも務めており、UWFのような格闘技志向の団体に強い思い入れがあった。UWFには競争相手が必要とも考えており、「Uがセ・リーグとするならば、自身でパ・リーグを作ろう」と、その夢をSWSに託したのである。
要は、大金持ちのプロレスファンが理想のプロレス団体を作っちゃえ!ってことだ。
田中氏の息子が、新日本プロレスの武藤敬司ファンだったこともあり、当初はこの武藤をエースにするプランがあったという。が、引き抜きにあえなく失敗。
結局、全日本プロレスのNo.2だった天龍源一郎をエースに団体は発進することになった。

「1枚のチケットですべてのプロレスラーが見られること」も、田中氏の掲げた夢のひとつだ。
その豊富な資金力に釣られ、当時の2大メジャー団体の新日本プロレス、全日本プロレスから次々と選手が集結した。
しかし、よくいえばバラエティ豊か、裏を返せばごった煮的な寄せ集めで、格闘技要素を感じる選手も皆無。いぶし銀の中堅どころや引退した選手が目立つ不安な顔ぶれであった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月18日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。