90s

相撲とプロレスに大迷惑を掛けた超問題児・北尾光司とは?

相撲とプロレスに大迷惑を掛けた超問題児・北尾光司とは?
2m、160kg近い体躯を生かし、横綱・双羽黒としても活躍した北尾光司を覚えているだろうか?といっても、横綱在位はわずか8場所。度重なるトラブルの末、最終的には親方と大ゲンカした際に仲裁に入ったおかみさんを突き飛ばしたとされ、角界追放同然に廃業になった問題児だ。
タチが悪いのは、その後プロレスラーになってからも多くのトラブルを起こしていること。相撲界とプロレス界、双方に大ダメージを与えた稀代の大ヒールなのである。

優勝がないままに横綱になった北尾、親方とケンカしてあっさり廃業


北尾は優勝経験がないままに1986年の秋場所で横綱に昇進したのだが、それは千代の富士の「一人横綱」を解消するため。「仮免横綱」とも揶揄されたが、全盛期を迎えた千代の富士と互角に渡りあえるライバルとして期待が持たれていた。
しかし精神面のもろさが弱点であり、前述のようにあっさりと廃業となる。
これ以降、横綱昇進の条件には2場所連続優勝が課せられることとなった。現在、日本人横綱がなかなか誕生しない背景には、北尾の問題行動があったことは間違いない。

現在は親方側にも非があったとされているが、当時は北尾の暴言ばかりがクローズアップされていた。ケンカの要因として、「ちゃんこがマズかった」「ファミコンのデータをおかみさんに消された」などなど、子供じみた理由が数多く報道されたが、「あの北尾なら……」という空気が占めていたのも事実。実際、プロレス転向後も多くの問題を起こしていく。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年6月2日の90s チョベリー記事
「相撲とプロレスに大迷惑を掛けた超問題児・北尾光司とは?」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    「現在、日本人横綱がなかなか誕生しない背景には、北尾の問題行動があったことは間違いない」 適当な事を書くんじゃねよ!アホタレ!!!!

    39
  • 通報

    15歳の右も左もわからない子どもが入門してきて、きちんと育成・指導ができなかった親方や当時の相撲協会執行部の方が悪い。

    27
  • 匿名さん 通報

    横綱戦が増えれば客足も伸びて儲かる、と安易に考えた日本相撲協会の汚点。資格が不十分な者を横綱にした当時の審議委員会の人達の悪行。

    23
  • 匿名さん 通報

    過去の話。どうでもいい。

    6
  • 天童 光雄 通報

    北餓鬼不為役演ヒール日本一目指持正義支援老至悪ヒールマネージメント尚良   H.29.7.6 PM20:16 天童 光雄

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース