90s

ウルトラシリーズのなかでウルトラセブンほど続編が作られたものは他にない

ウルトラシリーズのなかでウルトラセブンほど続編が作られたものは他にない
『ウルトラセブン』画像はAmazonより

ウルトラセブンが放送されていたのは今から50年以上も前のことだ。仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズと並んでウルトラシリーズは子どもから大人まで絶大な人気を誇っている。そんなウルトラシリーズのなかにあって、ウルトラセブンという存在は独特な人気が高かったようだ。

ウルトラセブンはちょくちょくゲストで登場していた


ウルトラセブンは放送当時、戦闘を目的としていない恒点観測員340号として光の国から地球にやってきていた。そのため、他のウルトラヒーローとは異なり、カラータイマーを持っておらず、その見た目もかなり違う。『帰ってきたウルトラマン』から始まる昭和第2期ウルトラシリーズ以降にウルトラ兄弟の3番目にカウントされるようになり、宇宙警備隊隊員という設定になった異色の経歴の持ち主である。

ウルトラセブンは、地球を去った後も「ウルトラマンレオ」など後続のウルトラシリーズにも最も多く客演しており、ある意味では初代ウルトラマンより知られたウルトラヒーローだろう。

人気の高さを象徴する大量の続編シリーズ


他シリーズへの客演はもちろん、ウルトラセブンには「平成ウルトラセブン」というシリーズが存在する。ウルトラセブンが地球を去ってから約30年後の世界が描かれた続編として、94年に資源エネルギー庁とのタイアップで環境問題をテーマにしたテレビシリーズ『太陽エネルギー作戦』、『地球星人の大地』が制作、放送された。

さらにオリジナルビデオ作品として98年に『ウルトラセブン誕生30周年記念3部作』、99年には『ウルトラセブン1999最終章6部作』が立て続けに制作された。

これら「平成ウルトラセブン」シリーズは、セブンも多く客演したいわゆる「ウルトラシリーズ」とは別の、パラレルワールド的な世界観だったことが特徴だ。すなわち、「平成ウルトラセブン」シリーズは最初にウルトラセブンが登場した60年代以降、地球に他のウルトラヒーローがやってきていない世界の物語となっていた。あくまでも「ウルトラセブン」の続編だった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ウルトラシリーズのなかでウルトラセブンほど続編が作られたものは他にない」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    ウルトラセブンは秀逸だった。社会風刺なども盛り込まれていて大人の視聴に耐えるストーリーが多かった。

    3
  • 匿名さん 通報

    キングジョーは、沖縄の金城さんのあだ名です。しかもあだ名の名付け親はアメリカ兵。

    1
  • 匿名さん 通報

    ウルトラセブンXについては話さないのかな?

    0
  • 匿名さん 通報

    一番続編が作られたのは『ウルトラマン』ではないか? 続編の『帰ってきたウルトラマン』が全51話製作されている。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月21日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。