90s

昭和最後のメタルヒーローシリーズ「世界忍者戦ジライヤ」の異色すぎた内容

仮面ライダー、ウルトラマン、スーパー戦隊など、日本には特撮ヒーローが驚くほどたくさんいる。80年代から90年代は、スーパー戦隊ものが金曜日の夕方、そしてメタルヒーローものは金曜日や月曜日のゴールデンタイム、日曜日の朝などに放送されていた。

メタルヒーローシリーズは、その名の通り他のヒーローシリーズと比べてややメタリックよりできらびやかに光るボディが印象的だった。

メタルヒーローシリーズ


昭和最後のメタルヒーローシリーズ「世界忍者戦ジライヤ」の異色すぎた内容
画像はAmazonより

メタルヒーローシリーズには『宇宙刑事ギャバン』をはじめとする「宇宙刑事シリーズ」や『特警ウインスペクター』をはじめとする「レスキューポリスシリーズ」、『重甲ビーファイター』をはじめとする「ビーファイターシリーズ」というシリーズがあるほか、『特捜ロボ ジャンパーソン』など単体ヒーロー群も存在する。

いずれのヒーローもメタリックな装備を身にまとって地球の平和を守っていたが、そんなシリーズにおいて、異色のヒーローが混じっていた。それが昭和最後のメタルヒーローシリーズとなった『世界忍者戦 ジライヤ』だ。

シリーズの中でも異色の存在


『世界忍者戦ジライヤ』はその名の通り忍者がモチーフだった。同作のストーリーは、代々守り続けてきた秘宝の在り処を示す粘土板を守ってきた戸隠流忍者一族(主人公一族)と、私欲にまみれた妖魔一族(元身内)との争いであり、それぞれの正義のために秘宝を探す世界忍者たちも巻き込んだ言ってしまえば大がかりな揉め事だった。宇宙規模でドンパチしていたこれまでのメタルヒーローシリーズとは、メタリックさ皆無の見た目も、話の路線も大きく異なるものとなった。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年10月27日の90s チョベリー記事
「昭和最後のメタルヒーローシリーズ「世界忍者戦ジライヤ」の異色すぎた内容」の みんなの反応 1
  • 774 通報

    そもそも忍者物に忍んでるやつなんていないので そういったツッコミは的外れ 特撮だとわざわざ名乗ったりする。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース