90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

7

AV出演もした安達祐実の母親、その破天荒な人生とは?

ライター情報:こじへい

写真集も発売(※写真はイメージです)

[拡大写真]

ビートたけしに抱かれてこい」

なんとこれ、実の母親が娘に放ったセリフだということ。発言の主は、2年前に亡くなった、宮沢りえの母“りえママ”こと宮澤光子。りえが11歳のときからマネージャーをつとめた彼女は、その豪腕っぷりで芸能関係者から恐れられる存在でした。
冒頭の一言は、1992年にエースコックのCMでたけしとりえが共演する際の発言。実際にりえは、たけしの泊まるホテルの部屋へ“逆夜這”をかけにいったとのことです(結局たけしからは「いいから早く帰って寝なさい」と諭されたといいます)。

愛娘に枕営業を強要するなど、普通ではありません。しかし芸能界においては、“普通”である必要などなく、むしろぶっ飛んでいる人の方が、演者にしても裏方にしても、成功を掴みやすいのもまた事実なのでしょう。
そんなりえママレベルにぶっ飛んだ人物といえば、安達祐実の母親・安達有里です。

自らが主役であり続けた安達有里


娘・安達祐実のキャリアは、生後まもなくからスタート。子育て雑誌のモデルとしてデビューし、1991年に「ハウス食品」のCMでブレイク。1994年には『家なき子』への出演で国民的人気を博し、天才子役の名を欲しいままにします。

その躍進を支えたのが、母・有里です。シングルマザーとして家事をこなしつつ、娘の撮影現場にも帯同する多忙な日々を送っていた彼女。ふつうの母親なら「子どものために」という想いが先立ち、自分のことなど二の次になってしまうでしょう。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年11月23日 00時07分

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    娘を踏み台にして、あわよくば自分も!って感じが見え見え。こんなおばさんのヌードなんか誰も見たく無いし、女性から見ても?だと思う。

    36
  • 匿名さん 通報

    こんな母親は嫌だ(笑)

    32
  • 匿名さん 通報

    嘗ての人気子役だった”カケフくん”が小学校卒業と同時に業界引退してたのを知った。理由は父親が「息子を真っ当な道に進ませたい」だったようだ。其の気持ちが分かった気がした。

    21
  • 匿名さん 通報

    書いた人、破天荒の意味を分かって使ってるんだろうか?

    18
  • 匿名さん 通報

    で、このBBAのヌード写真集とAVは売れたの?本番は無いとはいえ男優に同情する・・

    16
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品