90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

「やっぱり親友は明石家さんま」島田紳助が語っていた本音

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

芸能界デビューから今年で42年。御年61歳。未だに自分語り一つでこれほど注目を浴びるのは、彼が人気者だからという単純な理由だけでなく、タモリ同様、どこかミステリアスな存在だからでしょう。
11月26日。『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』(日本テレビ系)が放送されました。「バラエティに感動の涙は要らんねん!」が口癖で、常々、安易なお涙頂戴を批判してきた男が素顔を晒し、感動秘話まで披露したのだから、話題になるのは致し方ないこと。
その感動話の一つとして大きな反響を呼んだのが、島田紳助についてのエピソードです。

島田紳助への想いを告白した明石家さんま


「島田紳助についてどう思っているか?」そう問われたさんまは、何となくうつろな表情を浮かべました。さんまと紳助は、同学年で同期デビュー。若手のときから苦楽を共にした仲であり、いわば戦友といえる間柄です。そんな深すぎる縁で結ばれた過去を振り返り、少し思慮深げになったのでしょう。その表情のまま、さんまは答えます。

「同期でいてくれて、お互い認め合いながら、けなし合いながらこれたのは、非常に幸せだったなと思います」

さらに、紳助が戻ってくる場所はここしかないと思い、今年9月に終了した『さんまのまんま』を2年延ばして放送したことも告白。男同士の熱い友情に、心震わせた人は多かったはずです。

親友・さんまについて語っていた島田紳助


思えば、今から10年ほど前。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年12月4日 22時21分

コメント 1

  • みかさんだよ 通報

    お互いにこんなに大切に思いあえているなんて男同士の友情もいいなと思いました。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品