90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

10

再ブーム中! リバイバル「日本語ラップ」の意外なルーツは?

2017年2月11日 22時01分

ライター情報:空町餡子

※写真はイメージです

[拡大写真]

最近、若い世代に再び注目を浴びるヒップホップの中でも、とくにスポットを当てられている「日本語ラップ」。この発端は若い世代に人気のテレビ番組となった、「フリースタイルダンジョン」や、「戦極MCバトル」などが流行したことにもあるが、そのブームに至る以前には、実は90年代のアンダーカルチャーな音楽シーンで盛り上がった日本語ラップがあった。

大ヒットした「DA.YO.NE」


1990年代当時のラップといえば、まだHIP&HOPカルチャーのひとつでしかないテクニックだった。ラップというもの自体、日本の音楽シーンの理解もまだ未成熟なものだったが、その時期に早くからラップの新しさや勢いを取り入れ、日本語独自の情緒を表現していたアーティストも数多くいた。そんななか代表的なものが、1994年に発表されたEAST END×YURI の「DA.YO.NE」かもしれない。
若者が使う言葉を軽妙なメロディにのせた曲で、当時アイドルだった東京パフォーマンスドールのメンバー・市井由理とのユニットによって、その新しいグルーヴは一気に広まった。彼らはその後も「Maicca-まいっか-」「いい感じ やな感じ」など、普段の会話のような詞(リリック)を使ってブームを起こしたのだった。

また、それに前後するようにスチャダラパーや、DJとしてもおなじみのライムスター宇田丸、Zeebraなどが活躍していた。その後もRIP SLIME、KICK THE CAN CREWなど、などメジャーで活躍するアーティストも多く登場してきた。

ライター情報: 空町餡子

フリーライター。恋愛・カルチャー・食べものなどジャンルを問わず執筆。スイーツとモー娘。が好きなアラサー女子。1児の母。

コメント 10

  • 匿名さん 通報

    吉幾三じゃないの?日本語ラップの祖って

    8
  • 匿名さん 通報

    『鉄工所ラップ』こそ日本語ラップの原点だ!

    3
  • 匿名さん 通報

    「日本語ラップ」えも言われぬ響きwww

    2
  • 匿名さん 通報

    旭化成だろJK

    1
  • 匿名さん 通報

    1984年5月発売、佐野元春のアルバム「VISITORS」じゃないかなぁ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品