90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

7

上岡龍太郎が番組をボイコット! 『探偵!ナイトスクープ』で起きた事件とは?

2017年2月14日 00時03分

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

心霊・怪奇特集がお茶の間をにぎわせ、織田無道や宜保愛子といった眉唾な霊能力者がのさばっていた時代も、今は昔。
いつの間にか、すっかり見かけなくなったオカルト特番ですが、そういった番組におけるオカルト否定派として君臨していたのが、上岡龍太郎でした。自称「霊感がある」「幽霊を見た」とのたまう、現実社会では末席に位置していそうな素人たちを、彼ら以上の強力無比な屁理屈で論破していく様は、圧巻の一言。

「広島の球場で、バースがホームランを打つはずがない。『アメリカのヤツにホームランなんか打たすか!』と思うてね、原爆の霊が止めるはずやのに」といった軽妙な笑いも挟みつつ、次々とオカルト論者たちをメッタ斬りにしていったものです。

そんな上岡の「霊嫌い」が沸点を通り越し、ついには、番組収録中に激怒&帰宅してしまうという事件が、今から23年前の『探偵!ナイトスクープ』で発生しました。

上岡龍太郎が激怒したVTR


事件は1994年4月29日、「恐怖の幽霊下宿」なるVTRが放送されたときに起こります。これは、下宿部屋に出現する幽霊に悩む医大生の依頼を受けて、桂小枝が検証に訪れるという映像。
しかし、検証とは名ばかりで、自称・霊媒師を呼んで幽霊がいるか聞き込みをしたり、桂きん枝と小枝が除霊師に扮してふざけたりするだけの、単なるお遊び的な内容に終始。これに局長・上岡が激怒したのです。

「(このVTRで)何の実証もされてないわけでしょ?これをつくったディレクターは何を結論づけようとしているわけですか?」「『やっぱりお化けはいてる』という風にしたいわけですか?」と食って掛かります。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    『すっかり見かけなくなったオカルト特番』毎年、夏と年末にやっとるがな!

    9
  • 匿名さん 通報

    宜保さんを眉唾とは失礼な記事だな。 宜保さんは本物ですよ。

    8
  • 誤字病 通報

    こじへいさんは今年が2107年と信じているし、元ネタは他の人のブログや資料からのおこしですから(一部の記事は人のブログのコピペの改造ですよね?)。元ネタを見つけた事があります。コピペは駄目だよ!

    6
  • 匿名さん 通報

    記事書いた奴、お子ちゃまですかz。

    3
  • 匿名さん 通報

    『霊能者がのさばってた』なんて、のさばらせてたのは当のテレビ局だったわけでして…この広い世界の中で宇宙人も幽霊も存在を信じない人たちこそ不思議でなりませんね

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品