90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

25周年を迎えたMr.Children、桜井和寿が抱く危機感とは?

2017年5月12日 11時10分

ライター情報:さのゆう

2017年5月10日、デビュー25周年を迎えたMr.Children。0時ちょうどに配信限定ベストアルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』を2作同時リリースした。
『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』※写真は配信限定ベストアルバム「Thanksgiving 25」サイト(http://www.toysfactory.co.jp/artist/mrchildren/thanksgiving25/)より

ところで今回の配信限定でのリリースに対して、古くからのファンの一部からは「意外だ」との声もあがっている。
というのも以前、ボーカルの桜井和寿は「配信よりもCDを大事にしたい」という趣旨の発言を残したからだ。

桜井和寿が語った「CD愛」


一例として挙げられるのが、2008年12月12日放送の『僕らの音楽』(フジテレビ系列)での、かねてから桜井さんが敬愛する伊集院光とのやり取り。

他のアーティストが音楽配信をする中、当時のMr.Childrenがほとんど配信に手を出していないことに話が及び、その意図について桜井さんは「音楽というものが単にLとRの情報であるのがすごくさみしい。音楽ってもっと色んなものをパッケージ出来るものだと思う」と説明。

桜井さんによると、CDを触れる行為を通して、CD屋に買いに行った際の景色や手に取るときのドキドキなどを味わうことができるため、より価値があると思うし大事にしたいというのだ。
そのため、対談でも「もうちょっと時代に抵抗してたい」と語っていた。

「CDを大事にしたい」という考えは、昨年11月よりスタートした「I ※ CD shops!」(文中※はハートマーク)プロジェクトにも表れているように思われる。

関連キーワード

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    薄い 確かに今の音楽。密度が濃い 90sの音楽。人間関係も中身があった。良性の毒があった。…今日は会社帰りに車の中、レニクラ「サーカス」♪ 放っとけっての。やっと解放されたんだから。

    11
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品