90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

8

アイドルだった永作博美、所属していたグループ『ribbon』とは?

2017年10月8日 22時00分

ライター情報:こじへい

永作博美

[拡大写真]

アラフォーの美魔女タレントといえば誰か?

そんな議論がなされる際に、必ずといっていいほど、YUKI(45歳)、深津絵里(44歳)、森高千里(48歳)らと共に名前が挙がる芸能人といえば、永作博美です。今年で御年47歳になる彼女は、かつてアイドルとして活動していたことでも知られています。

デビューのきっかけとなったのは、1988年に開催された「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」の美感少女コンテスト。ここでベストパフォーマー賞を受賞した永作は、フジテレビが運営するタレント育成講座「乙女塾」における、歌手コースの第1期生としてキャリアをスタートするのです。

アイドル冬の時代にデビュー


永作がデビューした1990年代初頭は、ちょうどアイドル冬の時代。

その原因に関しては諸説言われています。たとえば、『ザ・ベストテン』『歌のトップテン』『夜のヒットスタジオ』といった名物歌番組が次々と終了したからだとか、または、80年代後半から起こったバンドブームにより、各事務所がロックバンドの売り出しに力を入れたからだとか……。さらには、素人性を強く打ち出した『おニャン子クラブ』の出現により、「アイドル=神聖な存在」という従来のマーケティングが時代遅れになったからだとの説もあります。

一応、高橋由美子やWinkなどがブレイクしたものの、売れていた期間はほんの一瞬。80年代の華やかさには及ぶべくもありません。

「乙女塾」を売り出すためにスタートした番組


それでもフジテレビが乙女塾を立ち上げたのは、おニャン子のようなアイドルを、もう一度、自社で手掛けたかったからに違いないでしょう。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメント 8

  • 匿名さん 通報

    ribbon知らんのか!?

    9
  • 匿名さん 通報

    アホみたいなこと言うてな。

    6
  • 匿名さん 通報

    あの時代  アイドル居なかったなぁ? 

    5
  • 匿名さん 通報

    中谷美紀と菅野美穂が桜っ子クラブというおニャン子やAKBみたいなアイドルグループで一緒に活動してたほうが驚きだった 特に中谷美紀がAKBのような制服ミニスカートで歌ってたこと

    5
  • 匿名さん 通報

    これも「ネタ元はWikipedia」ですかね~。

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品