90s

大事MANブラザーズ立川「どれも大事じゃなかった」という結論に至った理由

91年にリリースされた『それが大事』は、大事MANブラザーズバンドの3枚目のシングルだ。リリース当初はさほどヒットしたと言えるほどではなかったが、フジテレビ系「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のテーマソングに使用されたことをきっかけに、5週連続でオリコンシングルチャート1位を獲得し、累計180万枚を売り上げるなど代表的な1曲となった。

一人歩きする名曲に対する立川が出した25年後の答え


大事MANブラザーズ立川「どれも大事じゃなかった」という結論に至った理由
大事MANブラザーズバンド「それが大事」 画像はAmazonより

『それが大事』は爆発的なヒットを記録したが、その後の大事MANブラザーズバンドはヒット曲に恵まれることなく96年に解散してしまうこととなった。世間からは今で言うところの一発屋だと思われてしまっているだろう。

しかし『それが大事』は、大事MANブラザーズバンドの解散以降もプロ野球選手の登場曲やキャンペーンソングなどでたびたび使用されるなど、今日まで多くの支持を得ている。日本経済に陰りが見え始めた90年代初頭に誕生した同曲は、その後も疲弊してゆく日本を励まし続けてきたように思える。

大ヒットから25年が経った2016年4月、大事MANブラザーズの立川俊之は、一人歩きを続けてきた『それが大事』に対するアンサーソングとして『神様は手を抜かない』を発表した。アルバム『喜怒哀楽』に収録された同曲で彼が出した答えは、大事だとしてきたものをすべて否定するかのような内容だった。

「しくじり先生」への出演で答えを出していた


実は、アルバム『喜怒哀楽』のリリースよりおよそ1年半ほど前となる2015年1月、立川はテレビ朝日系の人気番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演している。

あわせて読みたい

  • class『夏の日の1993』の歌詞、男女で解釈が違うワケを紐解く

    class『夏の日の1993』の歌詞、男女で解釈が違うワケを紐解く

  • 音楽ユニット「19」を振り返える

    音楽ユニット「19」を振り返える

  • 今では全員芸能界引退…ZONEの現在

    今では全員芸能界引退…ZONEの現在

  • 青春パンクバンド「175R」を振り返る

    青春パンクバンド「175R」を振り返る

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年12月6日の90s チョベリー記事
    「大事MANブラザーズ立川「どれも大事じゃなかった」という結論に至った理由」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      いい歌詞だから大好きです。この歌詞に、どんだけ励まされたか…

      3
    • 匿名さん 通報

      匿名さん 2018/12/06 16:29は自分の人生を他人に依存しているクズ()

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース