s90

初代プレステ狂想曲 混迷の発売前夜から完売続出になるまで

初代プレステ狂想曲 混迷の発売前夜から完売続出になるまで
画像は「プレイステーション クラシック」 ソニー・インタラクティブエンタテインメントのリリースより

一世を風靡した家庭用ゲーム機の「プレイステーション (以下、プレステ)」をミニサイズで復刻した「プレイステーション クラシック」が12月3日に発売される。
これを機にプレステ熱が再燃した方は多いのではないか。筆者もそのひとりである。
そこで、あのころの熱狂を振り返りたい。リアルタイムで体感した興奮が伝われば幸いだ。


ゲーム業界参入は家電メーカーにとって鬼門だった


プレステの発売が発表された当時のゲーム業界は任天堂が独走中。しかも、待望の次世代機である「NINTENDO64」(当時は「プロジェクトリアリティ」と呼ばれていた)も控えている。2番手ポジションのセガも「セガ・サターン」をプレステと同時期に投入間近で、多くの期待を集めていた。

大手家電メーカーも続々参入し、ゲーム業界の競争は激化の一途にあった。しかし、その家電メーカー参入組はコケてばかりといった印象。
パイオニアの「レーザーアクティブ」、パナソニックの「3DO REAL」、富士通の「FM TOWNS マーティー」と軒並み振るわなかったのである。

「ソニーブランドがゲーム業界に通用するのか」

ゲームファンや販売店など、ゲームに興味のある層ほど好奇の目で見ていた感が強かったように思う。


プレステはもともと任天堂と共同開発だった


そもそも、プレステの歴史が任天堂との共同開発から始まっていることをご存知だろうか。
90年前後から、任天堂とソニーは、スーパーファミコン(スーファミ)用のCD-ROMを共同開発していた。このスーファミCD-ROM構想は当時のゲーム雑誌で何度も紹介されており、93年には発売予定、任天堂以外にも50数社のメーカーが参戦予定など、具体的な発表もされていた。
コードネームが「任天堂プレイステーション」だった時期もあった。
ゲーマーだった筆者は、こういった情報に心躍らされたものである。

しかし、徐々に両社が思い描く未来予想図にズレが生じて開発は中断。結局、ソニーが単独で完成を目指すことになったのである。
友好関係から一転、完全なライバルに。ゲーム界の覇者、任天堂に弓引く形となったソニー。
「無謀な挑戦ではないか」
「ゲームに対して本気なのか」
発売前は不安視する声も大きかったのである。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース