巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

木枯らし1号は東京と近畿地方だけで発表される

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月と言うと、日に日に気温が下がり、冬の足音が聞こえてくる頃。11月7日は立冬で、暦の上では冬の始まり。そう、もう冬なのだ。

東日本・西日本の平野部で冬の便りとも言えるのが「木枯らし1号」。木枯らしとは、晩秋から初冬にかけて吹く冷たい北よりの強風のことで、木を吹き枯らすということからきた呼び名だ。木枯らし1号は、立冬とだいたい同じ頃に吹くことが多いというのは面白い。まさに冬の使者!

ちなみに、凩(こがらし)という字は日本で作られた漢字で、風の省略形と「木」の二文字を結合して、それらの意味をあわせた会意文字と言われるもの。なんだか安易すぎる気がするけど、この漢字、なんとなく愛着が沸く。

それはさておき、この木枯らし1号、全国的なものではなく、東京と近畿地方しか発表されていない。何故なのかと思い問い合わせたところ、「ニーズがないから」とのこと。ふ〜ん、そうかな?東海地方の人も、九州地方の人も、話のネタとしては有効なんじゃないかな。

そもそも、木枯らし1号の発表は正式な観測情報ではなく、季節現象としてお知らせしている情報らしい。「木枯らし1号」は気象庁が考えた言葉で、その言葉の歴史はまだ浅く、30年そこらだとか。それでも広く知られているのは日本人が季節ネタ好きだからかな。「梅雨入り・明け」「さくら開花」「春一番」……発表のたび、みんな大騒ぎ。そんな日本っていいな、って思う。

木枯らし1号の認定には、期間や気圧配置・風向風速に定義があり、条件がそろった風が吹かなければ、その年は発生なしということになる。惜しくも条件に届かず、木枯らし1号にもなれない風だってたくさんある。認定してもらえる風が一つも吹かない年はみんな落選。木枯らし1号がないのはなんとなく寂しいけれど、それでも確実に季節は一歩一歩冬へと近づいていくからご安心を。みなさん、冬支度は万全ですか?(雨音)
関連キーワード

2004年11月14日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品