巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

そうめんの新境地!? デザートにもなる苺そうめん

このエントリーをはてなブックマークに追加

そうめんやざるそばなど、冷たい麺類がおいしい季節になってきました。最近はそうめんも「ご当地もの」がふえてきて、ずいぶんバラエティ豊かになっていることををご存知だろうか。山形のりんご麺、静岡のうなぎ麺、そしてその衝撃的な色とネーミングからひそかな話題となりつつあるのが栃木の「苺そうめん」! 栃木の名産である苺、「とちおとめ」を練り込んだピンクのそうめんだ。

大阪・なんばパークス内にあるナムコが運営する施設「浪花麺だらけ」内の「ご当地麺博物館」で発見したのだが、スタッフの方の話では03年10月に施設がオープンした時から置いている商品で、特に女性に根強い人気があるそう。

製造元は栃木県にある大正九年の老舗、政木屋食品株式会社。このメーカーに直接、問い合わせてみたところ「苺そうめん」ができたのは平成8年。栃木は全国でも1、2位を誇る苺の名産地であり、地元企業として「苺」を使って何かできないかということで生まれた商品なのだとか。

実際に食べてみたところ、袋を開けた瞬間漂うあま〜い香りにまずクラクラ。味は苺味というわけではなく、苺の香りのするそうめん、という感じだろうか。ふつう苺を使った製品だと「つぶつぶ感」を出しているものが多いが、苺そうめんはツルッと爽快な食感。そうめんだけに喉ごしをよくするため、あえて丁寧に種を取り除いた苺ジュースをもとに小麦粉を練っているそうで…。とにかく苺の香りがかなり強力なので、ある程度心の準備をしてから食べた方がよさそうです!?

ちなみに、この苺そうめんには付属のつゆ(普通のそうめんつゆ)がついているのだが、これ以外にも苺そうめんならではの食べ方があるのか聞いてみた。

すると、「茹でた苺そうめんをミルクに果物などと一緒に入れてデザート感覚で食べる方法などは、お子さまなどにも喜ばれているようです」とのこと(!)
珍メニューを出すことで有名な名古屋の喫茶店「マウンテン」のメニュー、甘口いちごスパを彷佛とさせる食べ方だが、なんと政木屋食品さんはこの「苺そうめん」の他にれっきとした「苺パスタ」というのも出しているそうだ(もちろん、喫茶マウンテンとは無関係)。

そうめんって、意外と食べ方が限られていて続くと飽きてしまうことが多いもの。そんな時、こんな変わりダネ苺そうめんを登場させてみてはいかがでしょう。気分が変わる…ことだけは間違いなさそうです。(野崎泉)

他にもこんなコネタがあります

2005年6月20日 00時00分

注目の商品