巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

始点から終点まで見える日本一短い国道

(下)国道174号の終点(国道2号と交差)

「山道を行く「登山国道」を歩いてみた」(Bit)「国道マニアの深淵なる世界」(Bit)と、Bitでは国道のコネタが恒例となりつつあるが、今回ご紹介するのは最も距離の短い国道だ。

それは、神戸・三宮からフラワーロードを南下したところにある国道174号。距離にしてわずか187.1m。キロメートルで表すと、たったの0.1871km。少しカーブになっているもののあまりにも短いため、目のいい人なら端から端まで見ることができるほどの距離で3分ほどで歩けてしまう。だけど、短いからといって侮れないのがこの道。神戸港と国道2号を結び、途中には神戸税関もあり、短いけれど物流にとっては大変重要な道路なのだ。

ただ、短すぎて地図にはあまり載っていないようだ。国道の青い逆おにぎりマークよりも地図上では小さいからだろうか。また三宮付近の道路案内の標識を見ても174号とは書かれていない。

しかしさすがに、どこにも表示のない国道なんてあるはずがない。174号の終点となっている阪神高速の高架下には、174と書かれた青い逆おにぎり型の標識はあるし、意外と知られていないようだが、日本一の国道というだけのこともあり、始点と終点には、

「日本で一番短い国道です L=187.1m」

と書かれた標識もある。しっかりと距離まで書いてくれているのがうれしい。国土交通省が観光スポットにしようとでも思って設置したのだろうか。

さて、2番目に短い国道は? といえば、482mの15号と東京港を結ぶ130号だと一般的には言われている。3番目は北九州市・門司港の198号(0.6km)で、4番目は舞鶴港の177号(0.7km)のようだ。短い国道の多くは、他の国道から港へ接続のためのもので「港国道」とも呼ばれているらしい。174号も港専用の道になっているため、これほど短いわけだ。

ちなみに一番長い国道は、東京と青森を結ぶ4号で、その実延長は856kmだとか。日本一短い国道は想像よりあっけないものだったが、国道は総延長にして66,204.9km。コネタはまだまだ眠っているはず。「国道シリーズ」続く……かも?
(もがみ)

2005年11月6日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品