巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

チョークのおいしい食べ方を調べてみたよ

醤油をつけても何をつけても……、不味い!

小学生時代、クラスに一人はいたであろう“チョークを食べる子供”。中には色によって味が違うという仮説を立てながら、食べ比べ検証をするツワモノまでいた。調べて見ると、意外にこのような“昔、チョーク食べてました人”は多く、いかにチョークが子供たちに愛されていたかがうかがえる。果たして長年の時を経た今、チョークは昔同様に私たちの心をときめかせてくれるのか? 大人ならではの美味しい食べ方研究と共にお伝えしたいと思います!

そもそもチョークって体に悪くないのか? これは大事なところである。調べてみるとチョークは大きくわけて硫酸カルシウム(せっこう)で出来ている場合と炭酸カルシウム(サプリメントなどでも使われている)で出来ている場合の二種類。共に大量に食べなければ影響はないとの事。念のため色素が使われているカラーチョークはパス。オーソドックスな白の炭酸カルシウムで出来たチョークを堪能することにした。

まずは、チョークそのものの味を楽しむ“プレーン”。久しぶりの対面に思わずひるむが、勇気を出してサクッ。口の中に広がるほのかな石油味と水分を吸い尽くす粉末。これは「まずい!」。全然懐かしくない。なぜこのような物をあれ程食べていたのかがわからない。しかし乗りかけた船を途中で降りるわけにはいかないので、美味しい食べ方を探る事に。
続いて、日本人定番の“醤油味”。つけた瞬間、チョークがものすごいスピードで醤油を吸い込んでいく。かすかな望みをかけてかじって見ると……? 「粉しょっぱい!」こんな言葉はないとは思いつつ、このような表現しか出来ない苦悩を汲んで頂きたい。
先ほどの“プレーン”が単純にしょっぱくなっただけ。そして粉っぽい。ややブルーになる。
同様に“味噌味”や“マヨネーズ味”を試してみたが、独特の粉っぽさがネックになっているのは間違いなく、チョークを美味しく食べようなんて発想が浅はかだった事に気づく。基本的に、“調味料”プラス“粉”という魔の構図が完成されており、人間の味覚をあざ笑うかの様、ことごとく不味い!

そして、実験に没頭し自分を見失いかけたその時、ある重大な事に気づいた! 「そもそも食べ物じゃない!」
なぜか心の荷が下りた様な気がした。勝手に「チョークを美味しく食べる」と言った手前だが、チョークは食べ物ではないのだ!
これを呼んでいる方々に叫びたい! チョークは食べ物ではないんです!!

この実験を通して多くの事を学んだ。幼い頃チョークを食べてた人が意外に多い事、チョークはどんな食べ方をしても不味い事、そしてチョークは食べ物ではないという事。しかし、いざ面と向かってチョークと向き合ったら、あの頃の幻想が蘇った。そんな懐かしさを感じる事が出来ただけでも、この実験の成果とさせて頂きたい。ありがとう、チョーク。
(木南広明)

(注意)本人の意思でやっておりますので、絶対に真似はしないで下さい。

2005年11月16日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品