巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

定番チョコ『LOOK』の意外な変遷史

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストロベリーパフェ、マロンパフェ、バナナパフェ、チョコレートパフェの4つの味はティーサロンのパフェをイメージしたもの

不二家の『ルック(ア・ラ・モード)』は、チョコレートのなかにストロベリーやバナナなど4つの異なったフレーバーのクリームが入っているチョコレートの定番商品。
つい先日、買ってみると何かがいつもと違うような……。あっ、アーモンドがメロンに変わっている! パッケージも箱前面からカパっと上に引き開けるようになり、以前より開けやすくなっている。一体いつからメロンに? そんなことを考えていると、なぜかムクムクと昔の記憶が……。そういえば、昔はパインやストロベリーはクリームじゃなくて、透明なトロっとしたジャムのような柔らかいゼリーのような食感だった気が……。

これは、やはり聞くしかあるまい。不二家の広報担当の上田さんに話を聞いてみた。
「アーモンドがメロンに変わったのは、昨年の秋からです。夏にピスタチオやヘーゼルナッツなどナッツ系のルックシリーズを出しまして(現在は販売終了)、アーモンドが、ア・ラ・モードとダブるのでは、ということでメロンに変えたんです。実は、『ルック(ア・ラ・モード)』は、ずっと同じフレーバーではなくて、年代によって若干変わっているんです。現在のチョコレートのなかはクリームですが、ナッツ系以外はジャムの時代もありました」
上田さんによると、『ルック(ア・ラ・モード)』の4つのフレーバーの変遷は、大まかにいうと以下のようになるのだという。

  • 発売当初(昭和30年代) ストロベリー、バナナ、コーヒー、キャラメル

  • 昭和40年代 ストロベリー、バナナ、アーモンド、パイナップル

  • 昭和50年代 ストロベリー、バナナ、コーヒー、パイナップル

  • 平成5年〜 ストロベリー、バナナ、アーモンド、グレープ

  • 平成7年〜 ストロベリー、バナナ、アーモンド、パイナップル

  • (現在)平成17年〜 ストロベリー、バナナ、メロン、パイナップル


  • 残念なことに、全ての資料が残っているわけではないので、ジャムの時代ははっきりしないと上田さん。初代にコーヒー、キャラメルが入っていたとは知りませんでした。
    「4つのフレーバーは、時々の嗜好性を反映しているんですね。実は一時グレープ味なども入っていたことがあるんですが、ちょっと評判がよくなくて、前の組み合わせに戻したりしたこともあります。あまり好みでないものが入っていると嗜好性が下がるのでオーソドックスなものになりますね。ストロベリーとバナナはチョコレートによく合うフレーバーですし、根強い人気です」

    パッケージの変更は昨年の3月からだそうで、この時にチョコレートベースもより雑味の少ないキレのある味に改良。お客さんの反応もよく、これがきっかけで売上げも伸びているそうだ。

    現在ルックチョコレートは、この大定番のア・ラ・モードの他に季節限定のシリーズも登場。昨年秋に登場した『ルック(和風ア・ラ・モード)』に変わって、1月31日から『ルック(パフェア・ラ・モード)』(105円程度)が全国一斉発売される。この他、プレミアムタイプの『ルッククオリティ(3種のベリー)』、『ルッククオリティ(あずきの抹茶)』(各210円程度)も今月から発売中。
    子どもの頃から親しんだ定番ものと新作もの。この冬、チョコレート選びがますます楽しくなりそうです。
    (こや)

2006年1月19日 00時00分

注目の商品